5GHz帯と2.4GHz帯の両方使える無線LAN中継器 WEX-733Dを買ってみた

2015.4.20
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5GHzと2.4GHzが同時に使える中継器

以前にWiFi環境改善のために中継器を導入したのですが、そのときに使用したLAN-RPT01BKは2.4GHzだけしか中継できませんでした。

せっかく中継器を使うなら5GHzも中継したいなぁということで、あらたにBuffaloのWEX-733Dというのを購入してみました。

このWEX-733Dは2.4GHzと5GHzを同時に使えるスグレモノです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体はコンセントプラグ付きで壁のコンセントにそのまま差し込むだけで設置が完了するタイプ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして底面に有線LANポートもあり、中継器としてだけでなく、有線LANしか使えない機器を接続する無線子機としても利用可能です。

電波干渉対策でWiFiルータの出力を下げてみる

というわけで早速使ってみたのですが、効果の程がなんか微妙。

実は以前の中継器を設置した時から薄々感付いていたのですが、WiFiが遅い原因は電波レベルそのものよりも、外部からの電波干渉が原因なんではないかと。

スクリーンショット_2015-04-20_22_44_57

アクセスポイント、沢山見つかるし。

干渉を回避するために無線のチャンネルを変更するというのは常套手段ではありますが、これだけ沢山あるとどこを選んでも干渉が発生してしまいます。

PR-500KI 2

ネットで検索したところ、WiFiの出力を下げると干渉しづらくなるらしいので、大本のWiFiルータであるPR-500KIの出力を50%に下げてみました。

この状態でWEX-733Dを使うと、電波レベルが悪かったリビングでも大分マシになりました。

2015-04-20 13.56.32

前回の計測ではダウンロードが9Mbpsだったので倍近い改善になってます。

本当はWEX-733Dの出力も下げると干渉対策にはいいのだろうけどPCを有線で繋げなければいけないので面倒だからそのままです。

これはいずれ変更前後を比べてみたいと思います。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top