これまでのこだわりを捨て、生まれ変わったGalaxy Galaxy S6/S6 Edgeのタッチアンドトライに参加してきました

2015.4.11
2015-04-10 19.45.45

先日国内でも発表されたGalaxy S6/S6 Edgeのアンバサダーイベントで、タッチアンドトライに参加してきました。

2015-04-10 19.14.25

まずは、いつもの商品企画担当 糸櫻さんが端末の説明。

大量のスライドを使って端末の魅力をアピールされていましたが、スペック等等は置いておいて、とくに印象に残ったのが次の3点です。

  • これまでのこだわりを捨ててでも実現したかったデザインと質感
  • リア、フロント共にf1.9の明るいカメラ
  • シーンに合わせて音作りを行う Sound Alive+

これまでのこだわりを捨ててでも実現したかったデザインと質感

2015-04-10 19.45.57

とくにGalaxy S6 Edgeで感じるのが、これまでのGalaxy Sシリーズとは質感がだいぶ変わったなという点。

Galaxy S5もかなり良い感じではありましたが、特別感はありませんでした。しかしこのGalaxy S6 Edgeには間違いなく特別感があります。

Galaxy Sシリーズはこれまで、「バッテリを交換できる」という点にこだわり、そこを他社との差別化としてアピールしていましたが、今回のS6/S6 Edgeはバッテリ交換が不可となっています。

Samsungはバッテリ交換というこれまでのこだわりを捨ててでも新しいデザイン、ガラスバックによる質感、ラグジュアリー感を演出したかったとのこと。もちろん、ディスプレイの性能向上や14nmプロセスのオクタコアCPU採用による省電力化が実現できたということもあるのでしょうけど、この点だけでもGalaxy S6/S6 Edgeにかける意気込みが伝わってきます。

リア、フロント共にf1.9の明るいカメラ

2015-04-10 19.20.39

Galaxyのカメラは従来から高性能でしたが、今回は画素数をあげるのではなく、F値を1.9にまで下げることで明るく撮れるカメラを目指したとのこと。リアルタイムHDRなども健在です。

またカメラは最速0.7秒で起動するとのこと。アイコンからだけでなく、ホームボタンを2度押すことでも起動が可能となっています。

シーンに合わせて音作りを行う Sound Alive+

2015-04-10 19.30.20

これは結構凄いなと思ったのですが、会話やアクションシーン、ミュージックシーンなどによってエフェクトが自動で変わり、その時々に最適な音を演出してくれる機能です。ミドルウェアで実装されているので、専用アプリではなくYoutubeや他の音楽プレーヤーなどでも効果をかけることが可能になっています。

実際に視聴させてもらいましたが、これはなかなかのものです。各Galaxyショップでも視聴できると思うので、なんならイヤホン持参で体験してみてください。

タッチアンドトライ

2015-04-10 19.46.09

そんな感じでタッチアンドトライです。上記はGalaxy S6。

サイズ的にはS6のほうが横幅が少しありますが、正直なところ持ちやすさでいうとS6のほうが持ちやすいです。S6 Edgeは幅がやや狭く、ホールドはしやすいですがエッジスクリーンがちょっと刺さるというか痛いというか、そんな感じがしました。慣れかもしれないけど。

2015-04-10 20.04.46

基本スペックはほぼ同等ですが、SIMスロットの位置が違ったりします。これからわかるように、パーツ自体は共通なものの、中身は別設計となっているそうです。

ディスプレイも仕様的に同等ですが、使用しているドライバが異なるとのこと。このためなのか、S6のほうが発色がよく感じました。

2015-04-10 20.36.58

よく似ていると言われているiPhone 6との比較。こうしてみると、結構違います。

Screenshot_2015-04-10-20-23-51

Quadrantのベンチとエッジスクリーンの設定画面。Quadrantのスコアは37207。

2015-04-10 20.09.18

Note Edgeにも搭載されていたナイトクロックはS6 Edgeでも健在。

Galaxy S6 Edgeのほうが人気

2015-04-10 20.31.16

タッチアンドトライのあとにグループに別れてディスカッション。みなさん、かなりの好印象を持ったようで、とくに Galaxy S6 Edgeの人気が高かったです。

みなさん一様に質感を褒めており、この点ではSamsungの方向転換が当たったのかもしれません。

ただ難点は値段ですかね。スマートフォンに9万は、気軽に買い換えようとは思えないかなぁ……。

なお、4月23日の発売以降にモニター機も貸してもらえるということで、届いたらいじり倒してみたいと思います。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

MENU

back to top