カルチャージャパンのダニーさん、120cmサイズのスマートドールプラスを開発中?

2015.4.2
16971734336_d5e6aa191e_o

体長60cmのスマードドールを製造・販売しているカルチャージャパンですが、ロボット版のスマートドールを従来の60cm版から倍のサイズとなる120cmのスマートドールプラスに変更することを発表しています。

Dream Seed » スマートドールが動作している動画が公開

エイプリルフールネタかと思っていたのですが……どうやら本当のようです。

16811507839_d08c5818ac_o

こうしてみると大きいですね、120cm。

サイズアップの理由ですが、

1. 海外では「ちょびっツ」が大変人気で、ファンの方々からは「1/3スケールでは物足りない。ちぃと同等か、或は最低でも彼女の半分くらいのサイズでなければいけない。」という指摘を頂いた。
2. ソフトバンクがPepperを発表したので、スマートドールも当然二足歩行ができるようにならなければならなかった。しかし、現在の科学技術では、ロボットを二足歩行させる場合、モーターサイズの関係で足が木の幹程太くなってしまう。スマートドールプラスなら市販の強力なモーターを流用でき、スレンダーさを維持したまま身長120cmの体を歩かせる事が可能になる。
3. スマートドールプラスの開発費は1/3スケールロボットのおよそ1/10。1/3スケールでロボットを作るとなるとサーボモーターを全て独自開発しなければならない。

ということのようです。

16810232190_0af82e4322_o

しれっと二足歩行させるとか書いてるけど……どうなるんだろうか?

これが本当に本当だと凄いことになりそうだけど、いくらぐらいになるんだろうか?

(source カルチャージャパン)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top