Microsoft、廉価版だけど歴代最薄最軽量なSurface 3を発表

2015.4.1
Themis_007_Red

Surface Pro 3が好調らしいMicrosoftですが、本日、その廉価版となるSurface 3を発表しました。

以前にあったSurface RTの後継機種とも言えますが、OSはフルバージョンのWindows 8.1を搭載し、Windows 10にもアップグレード可能だそうです。

スペックとしては下記のような感じです。

ディスプレイ:10.8インチ 1920 x 1080
プロセッサ:Atom x7プロセッサ
メモリ:2GB/4GB
ストレージ:64GB/128GB
厚み:8.7mm
重さ:622g

Family_v4_Hero_01-1024x575

Surface Pro 3のようなキックスタンドが付属しますが、無段階ではなく3段階。また、スタイラスペンは付属しません。ただし、付属しないだけで別途購入すれば使えます。

そして、SIMの刺さるLTE対応バージョンも用意されています。

プロセッサがAtomということで、何でもこなすメインマシンというわけにはいかなそうですが、歴代Surfaceの中でも最薄最軽量ということでセカンドマシン、モバイルマシンには向いていそうです。

メモリ2GB/ストレージ64GBモデルが$499、メモリ4GB/ストレージ128GBモデルが$599、LTE対応モデルはそれぞれ$100アップとなっています。

発売は5月5日。26のマーケットで発売されるということですが、そこに日本が含まれているかは不明です。

(source Microsoft)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top