EPSONのMOVERIOとSonyのSmartEyeglassは似ているけどぜんぜん違うデバイス

2015.3.28
moveriosmarteyeglass

Developer Editionが発売になったSonyのSmartEyeglass。私は先日からEPSONのMOVERIOを使っていますが、両者のスタイルはかなり似ています。

Dream Seed » EPSONのシースルー両眼型ヘッドマウントディスプレイ、MOVERIOの体験イベントに参加してきました

だがしかし。実際のところ、両者はまったく性質が異なるデバイスです。

ホームシアターなMOVERIO

cont_01_01

まず MOVERIOですが、製品のキャッチコピーに「大画面を楽しむ。」とあるように、視界の中に大画面を再現するような作りになっています。

cont_01_06

どれくらいのサイズというのはなかなかいい難いのですが、その原因がこれ。遠くの風景を見るほど、相対的に中に表示されるディスプレイのサイズを大きく感じ、20m先をみていると320インチの大画面となります。

ディスプレイの仕様は、

  • 解像度:960×540(QHD)
  • 表示色:24bitカラー(約1677万色)

という感じ。数字だけ見ると解像度が粗そうですが、HD画質の動画を再生しても粗はまったく感じません。

AR情報を表示するSmartEyeglass

SmartEyeglass_Developer_Edition_SED-E1_–_Developer_World

対するSmartEyeglassは、「目の前の風景に情報が重ねて表示されるAR(拡張現実)の世界を体験しましょう。」とあるように、AR情報の表示がメイン用途です。

このため、ディスプレイも

  • 解像度:419×138
  • 表示色:緑色(単色)256階調

となっています。

MOVERIOは単独デバイス、SmartEyeglassはアクセサリー?

MOVERIOはそれ自身にAndroidを搭載しており、Androidデバイスとして成立しています。このため、単独でネット接続などが行えるほか、本体に動画を保存しておけば単独で動画を視聴することも可能です。

バッテリは、動画ファイルの連続再生が6時間可能です。

一方のSmartEyeglassですが、スマートフォンとペアリングして使うことが前提となっているようで、専用アプリもスマートフォン経由で送り込みます。

イメージ的にはAndroid Wearなどのスマートウォッチとかと近いです。

なおバッテリは150分ということになっています。これはちょっと短いかな?

使用用途にあったものを

そんな感じで比べてみるとまったく違い性質のデバイスだとわかります。

SmartEyeglassのほうはまだ開発者版ではあるので、市販時にはどうなっているのかわかりませんが、現状ではMOVERIOのほうが遊べそうかなぁ。ただスタイル的にはSmartEyeglassがかっこいい気がします。

最後に注意点ですが、SmartEyeglassはメガネの上からは装着できません。メガネを使用している人は別途JINSで度付きレンズを購入する必要があります。

MOVERIOはメガネの上からも装着可能ですが、やっぱり別途度付きレンズを手に入れたほうが、快適だと思います。

Dream Seed » MOVERIOで快適に視聴するために、付属のメガネフレームにレンズを入れてみた

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top