Eyefi MobiにRAWやインフラストラクチャに対応したPro版が登場

2015.3.14 (更新日:2016.11.02)
Eye-Fi mobi pro

WiFi非対応のカメラでも撮った写真をその場でスマートフォンやタブレットに転送できるEyefi Mobiですが、海外でPro版が追加されました。

広告

従来のEyefi Mobiとの違いは、

  • RAWフォーマットに対応
  • 選択した画像のみの転送に対応
  • アドホックだけでなく、インフラストラクチャにも対応

という感じ。

従来のMobiはスマートフォンやタブレットなどに転送するだけ、既存の無線LANネットワークに参加することが出来ませんでしたが、これができるようになったということです。

このあたりの機能は、Mobi以前にあったX2 Proなどで対応していたものですが、一周回って機能が復活した感じですね。

ストレージサイズは32GBで価格は$99.99。容量無制限のEye-Fiクラウドサービス利用権が1年分ついてきます。また、これに伴い、従来のMobi 32GBが販売終了になったようです。

日本ではまだ発表されていませんが、そのうち登場するのでしょう。

(via engadget)
(source Eyefi)

タグ: , ,
News >その他

スマートロックがアップデートミスで開錠不能に。すべのIoT機器が抱える問題かも?

これ、いきなりなったら怖いなぁ。一応物理鍵は持ち歩いているけど・・・

News >モバイル

米国でGalaxy Note 4のバッテリーがリコール。ただしSamsungは無関係。対象は再整備品の非正規バッテリー

再整備品って必ずしもメーカーが整備してるわけじゃないのですね・・・

News >モバイル

HUAWEI MATE 10は10月16日ドイツで発表、招待状の送付を開始

なんでドイツなんだろう?ライカのお膝元だから?

News >モバイル

Zeissレンズを搭載したハイエンドモデルNokia 8発表。Snpadragon 835にデュアルカメラ搭載

相変わらずNokiaっぽくないデザインだけど、ちょっと気になる。

back to top