Microsoft、純正Miracastアダプタとモバイルキーボードを3月6日に日本国内で発売

2015.2.20
Cat_HERO_Display_Adapter

Microsoftが昨年末に北米で販売開始していたWireless Display Adapterを3月6日に日本国内で発売すると発表しました。

Wireless Display AdapterはMicrosoft純正のMiracastアダプタ。

スマートフォンの画面をワイヤレスでテレビに表示できるMiracastアダプタを弄ってみた – Dream Seed

TVによってはMiracastを標準サポートしているものもあったりするようですが、大部分のTVは非対応です。そんなTVのHDMIポートに装着し、USBから給電することでMiracastが利用可能になります。

Android 4.2.1以降はMiracastを標準サポートしており、ワイヤレスで端末の画面を転送、TVなどの大画面で表示が可能です。

Chromecastに近いものがありますが、Miracastアダプタ単体ではコンテンツを表示することができず、端末側とまったく同じ画面を映せるというだけです。

価格は6,980円。明日21日から家電量販店などでも予約を開始するそうです。

mk_umk_otherviews01

そしてもう一つ、やはり昨年10月に北米で発売したUniversal Mobile Keyboardも3月6日に国内で発売します。

MicrosoftがWindows、Android、iOSを切り替えて使用できるUniversal Mobile Keyboardを発表 – Dream Seed

Windows、Android、iOSとそれぞれペアリングが可能。同様の機能をもつキーボードはLogicoolのK480がありますが、K480はデスク上に固定で使うのを想定しているのに対してMicrosoftのはモバイル前提です。

10インチタブレットも差し込める、3台のデバイスを切り替えて使えるBluetooth Multi-Device Keyboard K480を買ってみた – Dream Seed

重さは365gとそれなりですが、1回の充電の6ヶ月は持つということなのでそれを考えれば十分ありでしょう。

こちらは7,980円でやはり3月6日発売です。

(via engadget)
(source Microsoft)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top