Sony、メガネ型デバイス SmartEyeglass Developer Editionを3月に発売

2015.2.17
01_UserImage

Sonyがメガネ型デバイス、SmartEyeglassのDeveloper Editionを3月に発売すると発表しました。価格は100,000円。

Google Glassのようなものですが、スマートフォンと連携し、メガネ型の透過ディスプレに情報を表示することが可能です。

sonyglass

旅先でのガイドとか、スポーツ観戦とかに利用することが想定されているようです。

ただし、これらはあくまでも、こういう風に使えたらいいなぁ、というもの。

公式サイトに「※上記の活用例のように使うには、専用のアプリケーションやサービスを開発し準備する必要があります。」とあるようにまだまだ未完成な製品であり、これからアプリなどを開発者に作り込んでほしい、そのための開発者版ということです。

正直なところこの開発者版のままだと広くは普及しないだろうなぁという感じがしますが、もう少しスマートな外観になれば面白そうではあります。

このままでも美術館でのガイドとかにはいいかもしれませんね。よく「右上の~」とか音声ガイドで聞くことがありますが、どこだろう?と悩むことも多いですし。

(source Sony)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

>> ポイントが溜まるおススメカード8選 <<

back to top