Ubuntuを搭載した初の商用スマートフォン BQ Aquaris E4.5発表

2015.2.8
HERO_Straight Group 1a_07.01.15_72

Lunuxディストリビューションの1つ、「Ubuntu」を搭載した初の商用スマートフォン「BQ Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」が発表されました。

スマートフォン上で動作するUbuntuはすでにリリース済みでしたが「BQ Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」はこれを搭載した状態で発売される初の端末となります。

昨年、中国のMeizuと組んでスマートフォンを出すのではないかという噂もありましたが、組んだのはスペインのBQになったのですね。

なお、Androidを搭載したBQ Aquaris E4.5はすでに発売中。今回発売されるUbuntu Editionは、ハードウェアスペックはこれと同じです。

  • ディスプレイ:4.5インチ qHD(960 x 540)
  • プロセッサ:Media Tek Cortex A7 1.3GHz クアッドコア
  • RAM:1GB
  • ストレージ:8GB
  • カメラ:8MP/5MP
  • バッテリ:2150mAh
  • サイズ:137 x 67 x 9mm
  • 重さ:123g

BQ Aquaris E4.5 Ubuntu Editionは来週に欧州全域で発売されるということです。価格は€169.9(約23,000円)。

FirefoxだったりTizenだったりUbuntuだったり、Android、iOS、Windows Phone以外のこまごまとしたOSが増えてきましたね。選択肢が多いのはいいと思うけど、アプリの互換がないのが辛いです。

(via GSMArena)
(source Canonical)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top