mac miniをYosemiteにアップデートしたら4K出力できなくなり、さらにシステム破損でプチハマり

2015.1.31 (更新日:2016.03.02)
PHL_BDM4065

先日から40インチ、3840×2160という大画面で使い始めた我が家のmac miniですが、なんとなくYosemiteにアップデートしてしまったら、4Kでの出力ができなくなってしまいました。

Philipsの40インチ 4Kディスプレイ BDM4065UC/11を買ってみた – Dream Seed

DisplayPortで繋いでも表示可能な最大解像度は2560×1440。

バージョンアップ前は出来ていたので、非公式とはいえハード的には対応しているはず。ということでネットで調べてみるとやっぱり同様の話が大量に出ていました。

どうもYosemiteでリフレッシュレートが60Hz固定になっているらしく、それが原因っぽい。

で、当然のように解決策も示されたりしていました。

参考にしたの、Apple Suport Communitiesの「Lost ability to choose 3440×1440 resolution」というスレッド。

手順としては、

1) kexbeastをダウンロード (http://www.tonymacx86.com/downloads.php?do=file&id=32)
2) MavericksのAppleIntelFramebufferCapriをダウンロードし、デスクトップに解凍しておく (https://www.dropbox.com/s/53trsm2m4v6teb0/AppleIntelFramebufferCapri.kext.zip?dl =0)
3) ターミナルから下記のコマンドを実行。

sudo nvram boot-args=kext-dev-mode=1
cd ~/Desktop
sudo chown -R root:wheel AppleIntel*
sudo chmod -R 775 AppleIntel* 

4) 1)でダウンロードしたKextBeastを実行
5) システム再起動

というもの。

特に難しい内容でもないのでサクサクと進めていたら、最後の再起動後にMacが立ち上がらない……。

仕方がないので電源長押しで終了→電源投入したら画面に見慣れない表示が。

curnel_panic

すっかり画面を撮り忘れたのですが、上記のアイコンだけが画面中央に表示される状態です。

調べたら、これは禁止サインというもので、システムファイルが壊れたりして起動不可能になっているときにひょうじされるものらしいです。なんてこったい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

回復策がよくわからなかったので、起動時に「Command + R」を押しっぱなしにしてOS X ユーティリティを起動。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OS Xを再インストールしてみました。

PHL_BDM4065 2

そうしたら、今までどおり、3840 x 2160 @30Hzが選べるようになりました。

改変したファイルは残ったままになってるっていうことなのかな?

なんにしろ、再び3840×2160表示ができるようになって良かった。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BIGLOBEのエンタメフリーオプション、2月にも対象サービスが追加される予定

BIGLOBEが提供しているYoutubeやAbemaTVなどのデータ通信がカウントされない「エンタメフリー・オプション」ですが、2月中にも対象サービスが追加されるようです。 エンタメフリーオプション

格安SIMを利用しているスマートフォンはiPhone 5Sが最多 MMD研究所主催の勉強会で格安SIMの最新動向を聞いてきた

MMD研究所主催のMVNO勉強会「2016年の振り返りと2017年に向けて」に参加してきました。 この勉強会、今回が第4回目ということですが、私は今回が初参加。 「報道メディア、ライター向けの勉強会」

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEYが1月23日~2月6日の間、日替わりで対象製品を半額で購入できるというキャンペーン、そして1月23日~2月1日には「2017新春セール」として対象製品が最大79%オフになるキャンペーンを実施

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 / 7.1 Nougatでは以前にも紹介したマルチウィンドウ機能やイースターエッグなど、存在がわからない機能があるのですが、そんな中の一つにタスクボタン(マルチタスクボタン)の

1月27日発売のFREETEL RAIJIN(雷神)、Amazonで約3,000円安く予約受付中

FREETELの最新機種、RAIJIN(雷神)が1月27日(金)に発売となります。 大容量バッテリを搭載したFREETEL RAIJIN(雷神) 5.5インチの大画面にバッテリは5,000mAhという

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 Nougatではタスクボタンのダブルタップで直前に表示していたアプリに切り替え可能

Android 7.0 / 7.1 Nougatでは以前にも紹介したマルチウィンドウ機能やイースターエッグなど、存在がわからない機能があるのですが、そんな中の一つにタスクボタン(マルチタスクボタン...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEY、日替わりで対象製品が半額になる「当日だけのお買い得」キャンペーン、対象製品が最大79%オフの「2017新春セール」を開催

AUKEYが1月23日~2月6日の間、日替わりで対象製品を半額で購入できるというキャンペーン、そして1月23日~2月1日には「2017新春セール」として対象製品が最大79%オフになるキャンペーンを...

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プ...

1月27日発売のFREETEL RAIJIN(雷神)、Amazonで約3,000円安く予約受付中

1月27日発売のFREETEL RAIJIN(雷神)、Amazonで約3,000円安く予約受付中

FREETELの最新機種、RAIJIN(雷神)が1月27日(金)に発売となります。 大容量バッテリを搭載したFREETEL RAIJIN(雷神) 5.5インチの大画面にバッテリは5,000mA...

MENU

back to top