MicrosoftはAndroidのカスタムROMを作成しているCyanogenに出資しているらしい

2015.1.30
461024_10151455664220425_1188973167_o

CyanogenModと言えばAndroidで人気のカスタムROMですが、MicrosoftがそんなCyanogenに出資しているという話をウォール・ストリート・ジャーナルが伝えています。

それによると、この動きはWindows Phone向けのカスタムROMを……というわけではなく、AndroidにおけるGoogleの支配力を弱めるために行われているのだとか。

AndroidというとがっつりとGoogleのイメージしかありませんが、本来はオープンソースのOSです。しかし、GoogleはGoogle PlayやYoutubeなどを使うのと引き換えにGoogle searchやその他の謹製アプリのインストールを要求しています。

bing検索などを持っているMicrosoftにとってはこの動きは当然面白くなく、このルールが適用されないCyanogenに頑張ってもらいたいということのようです。

Microsoftは、ちょこちょことAndroid向けのアプリをリリースしていたりしますが、いっその事、Microsoftが監修したAndroidのカスタムROMを出したほうがすっきりするんじゃないかと思うのですが、そこまで露骨にはやれないということなのかな?

(via The Verge)
(source The Wall Streat Journal)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

壊れたカメラ付きインターホンを自分で交換する方法

配線を使いまわせるので作業は楽です。ものすごく古いとわからないけど。

Amazon 夏のタイムセール開催、非プライム会員でも参加可能

プライムデーで買い損ねたものがあるならぜひ

back to top