Googleが出資した謎のARベンチャー Magic Leapが広範囲な特許を出願

2015.1.18
Patent_Images 3

昨年10月、Googleらから5億4200万ドルもの資金を調達したAR関連ベンチャーMagic Leapが非常に広範囲な特許を出願しているのが見つかりました。

広告

非常に魅力的な内容も含まれていますが、出願した全てが製品化されるわけではなく、とりあえず他社に使われないように、使ったときに利用料がとれるようにという戦略特許なんでしょう。

それでもMagic Leapがどんなことを考えているのを知る上では役に立ちそうです。

Patent_Images

AR用のデバイス。メガネ型で完結ではなく、腰にもデバイスが装着されています。

Patent_Images 2

ジェスチャーコマンドに対応。

Patent_Images 4

リストや広告を見ながら買い物することも。

Patent_Images 3

リビングに広がるバーチャルスクリーン。これやってみたいなぁ。

Patent_Images 5

病院では体の中を見せながら患者さんに説明したり、

Patent_Images 6

病室内がリゾートになったりといったことも。

こんな世界がそのうち実現するんでしょうかねぇ。

(via The Verge)
(source uspto)

タグ: , , ,

back to top