DMMが3枚のSIMでデータ容量を分け合えるシェアプランにも対応したDMM Mobileを提供開始

2015.1.5
dmm

DMMがdocomo回線を利用したMVNOサービス、DMM Mobileのサービスを開始しました。

広告
dmm2

料金プランとしては1GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GBと容量が細かく設定されているほか、SIMカード最大3枚で容量を分け合えるシェアプランがあるのも特徴です。

例えば、10GBの容量を3枚のSIMで分け合う場合(3枚とも通話プラン)、docomoのカケホーダイ&パケあえるだとトータル19,500円となりますが、DMM Mobileでは3枚トータルで6,080円となります。

データプランの場合にはSIMを増やしても金額はかわりません。

MVNO

データプランの料金としては、5GB以外は業界最安ではないかと思います(上記は税込み金額)。

img-featureOver

そして他のMVNO事業者ではあまりみない、データ容量の繰り越しができるのも特徴ですね。

通信速度としては、docomoのXiと同様に下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっていますが、実際にはこの速度がでることはなく、おそらく良くても下り5Mbps程度ではないかと思います。

この辺は、以前にMVNOの速度差、価格差はなぜ生まれるのかということで書いています。合っているかはわかりませんけど……。

MVNO各社の価格差、速度差はなぜ生まれるのか? – Dream Seed

実際の速度がどの程度出るのか次第ではありますが、気になるMVNO事業者であることはまちがいないですね。これでそこそこの速度(3Mbps~程度)が出るのであれば、通話プラン1つ + データプラン2つぐらいでMNPしてもいいかも。

(source DMM Mobile)

タグ: , ,
News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

News >その他

スマートロックがアップデートミスで開錠不能に。すべのIoT機器が抱える問題かも?

これ、いきなりなったら怖いなぁ。一応物理鍵は持ち歩いているけど・・・

News >モバイル

米国でGalaxy Note 4のバッテリーがリコール。ただしSamsungは無関係。対象は再整備品の非正規バッテリー

再整備品って必ずしもメーカーが整備してるわけじゃないのですね・・・

back to top