LTE-AdvanceやCA(キャリアアグリゲーション)、Cat.4とかCat.6って結局何のこと?

2015.1.2 (更新日:2016.05.05)
cdn_rohde-schwarz_com_pws_dl_downloads_dl_application_application_notes_1ma169_1MA169_3e_LTE-Advanced_technology_pdf

最近、端末のスペックでよく見かけるようになった「LTE Cat.4、LTE Cat.6」などの表記、なんとなく数字が大きいほどいいんじゃないの?ぐらいにしか思っていなかったのですが、先日、SamsungがLTE Cat.9に対応したGalaxy Note 4をリリースするというニュースなどをみて、あらためて「Cat.」ってなんだろう?というのを疑問に思ったので簡単に調べてみました。

LTEのカテゴリー

「Cat.」という表記が「Category」だというのは知っていましたが、正確には「ue-Category」というようです。UEというのはUser Equipment、ようするに端末のことです。

これを規定しているのは3GPPという団体で、現在はCat.1〜10まで規定されています。

このCategoryが何を表しているかというと、簡単にいうとLTEの性能の違いです。当初、3GPP Release 8というのでCat.1〜5までが規定され、このときは単純に数字が大きいほど高性能(速度が速い)というものでした。その後、3GPP Release 10でキャリアアグリゲーションなどのLTE-Advanceに対応したCat.6〜8が規定され、最近、3GPP Release 11でCat.9〜10が作られています。

Cat6以降は数字が大きいほど速いというわけではなく、理論上最速なのはCat.8の下り3Gbps上り1.5Gbpsです。

UE Category 下り 上り
Cat.1 10Mbps 5Mbps
Cat.2 50Mbps 25Mbps
Cat.3 100Mbps 50Mbps
Cat.4 150Mbps 50Mbps
Cat.5 300Mbps 75Mbps
Cat.6 300Mbps 50Mbps
Cat.7 300Mbps 100Mbps
Cat.8 3Gbps 1.5Gbps
Cat.9 450Mbps 50Mbps
Cat.10 450Mbps 100Mbps

上記速度はLTEの帯域幅として上限の20MHzを使った場合です。

例えばdocomoの端末でXiの受信速度が最大150Mbpsと記載されている場合に、下記のような注意書きがつくことがあります(上記はCat.4対応端末のXperia Z3 SO-01Gのもの)。

docomo_Xperia(TM)_Z3_SO-01G___スペックとサービス・機能___製品___NTTドコモ

これは、東名阪バンド(LTE Band 3、1.7GHz帯)だけが帯域幅として20MHzを使っているためで、Band 3で使った場合のみ150Mbpsの速度がでるということです。メインバンドのBand 1(2GHz帯)では15MHzなので、最大速度は15/20で3/4、150Mbpsの3/4で112.5Mbpsになります。

auはすでにキャリアアグリゲーションのサービスを開始していますが、これに対応した端末はLTE Cat.6に対応しているということのようです。doconoのWiFiルータもキャリアアグリゲーションに対応したモデルが出ていますが、これもCat.6対応ということですね。

そんな感じで超ざっくりの説明ですが、何かの折に「そういえば、そんなことが書いてあったなぁ」程度に思い出して頂ければ……。

(link 3GPP, Wikipedia(LTE),LTE-Advanced Technology Introduction White Paper(PDF))

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top