キートップがE-Inkディスプレイになったキーボード Jaasta E Ink Keyboard

2015.1.1
keyboard2

数年前にもキートップが有機ELで自由にカスタマイズできるキーボードというのがありました。

ディスプレイキーボード Oputimusの新機種 – Dream Seed

Oputimusは高すぎて、正直成功したとは言い難いですが、今度は有機ELではなくE-Inkを使ったキーボード、Jaasta E Ink Keyboardが登場します。

Labeled - exploded model

構造的にはOputimusに似た感じですが、E-Inkだけあって電池寿命は12ヶ月と長めです。

keyboard

上図だと右端は10キーになっていますが、実際にはタッチパッドになるようです。

Jaasta E Ink Keyboardはまもなくクラウドファウンディングを通じてPre-Orderが開始される予定です。価格は$300前後みたいです。

Labeled-original_whte2-01

E-Inkではありませんが、クリック音のしないZero Sound Mouseというのもリリースされるそうです。

(via GIZMODO)
(source Jaasta)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top