バングラディッシュでAndroid Oneデバイス Symphony Roar A50発表

2014.12.30

symphony-roar-a50

広告

Googleは新興国向けの低価格Androidデバイス、Android Oneをインドに続き、ネパール、スリランカ、バングラディッシュでも発売すると先週発表していました。

そしてバングラディッシュのキャリアbanglalinkがAndroid Oneデバイス、Symphony Roar A50を発表しました。

Symphony Roar A50の主なスペックは下記。

  • ディスプレイ:4.5インチ FWVGA(854×480)
  • プロセッサ:Cortex A7 1.3GHz クアッドコア
  • RAM:1GB
  • ストレージ:8GB + microSD
  • カメラ:5MP/2MP
  • バッテリ:1780mAh
  • DualSIM(microSIM)
  • Android 4.4.4

インドで販売されているAndroid Oneデバイスと基本的には同等ですが、ストレージが4GB→8GB、バッテリが1700mAh→1780mAhと若干スペックアップしているようです。

Google、Android One デバイス3機種を発表 約1万円の新興国向け低価格デバイス – Dream Seed

デザインがよくわからないのですが、インドで出ているものよりも角ばった感じですね。

価格は8700タカ(約13,000円)となっています。

ところで、腕を組んだドロイド君をみると、Android Centralのロゴを思い浮かべるのだけど、何か関係があるのかな?

editors-app-picks-v2

これがAndroid Centralのドロイド君。

(via XDA)
(source banglalink)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top