手書きの勉強もちゃんと出来る!これからの勉強スタイルはタブレットかもしれない チャレンジタッチを試してみた【PR】

2014.12.25 (更新日:2015.12.09)
image07

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークとのタイアップです。

私は人生の中で一度も学習塾とか予備校とかに行ったことはなく、大学受験も進研ゼミで乗り切りました。そもそも指定校推薦を取れたのでまともに受験すらしていないのですが。

そんな感じでお世話になった進研ゼミですが、昨年から小学生講座では従来の紙媒体による学習ではなく、タブレットを使った「チャレンジタッチ」が始まっています。

発表当時は気になっていたものの、タブレットでの学習に若干の不安があったのと、まだ早いかなぁっという思いとでスルーしていたのですが、今回モニターセットをお借りすることが出来たので早速1年生の息子さんにやってもらいました。

うちの息子さん、この手のものが大好きで、スマートフォンの学習アプリなんかもちょこちょこやっていたりします。なので、チャレンジタッチも何も説明せずに渡してもすんなりと受け入れてました。

とりあえずスペックとか

チャレンジタッチのタブレット(チャレンジパッド)に性能を求める人もいないでしょうけど、一応、このブログで扱うならスペックぐらいは書いておこうかなということで、以下、主なスペックです。

  • ディスプレイ:9.7インチ 1024 x 768
  • プロセッサ:不明
  • RAM:不明
  • ストレージ:16GB + SD(SDHC)
  • カメラ:2MP
  • バッテリ:6,000mAh
  • サイズ:252 x 191 x 16mm
  • 重さ:750g

タッチパネルは最近流行りの静電容量式ではなく抵抗膜式、いわゆる感圧式です。

サイズ的にも価格的にも静電容量式のタッチパネルを採用できたと思いますが、おそらく下記の手書きサポートのため、あえて抵抗膜式を選択しているのだと思います。

手書き学習もちゃんとサポート

image05

私がタブレットでの学習で懸念していたのが「手書き」について。タブレットやスマートフォンで学習するアプリはこれまでもありましたが、そのほぼ全てが選択式を採用しています。

○か☓かをはっきりさせるためには選択式が最適なのでしょうけど、特に小学生のうちは手書き学習というのが大切だと思っています。読めるのに書けないっていうの、大人になると痛感するんですよね。

そんな手書きですが、チャレンジタッチではしっかりとサポートしてくれていました。文字認識だけでなく、書き順まで指導してくれます。

これは公式サイトで公開されている動画ですが、ハネや止めまで認識してくれます。

1年生の問題ではまだ難しい漢字はありませんが、息子さんは「金」という漢字に苦労していました。

image06

最初にお手本をなぞって書き順を覚えて、その後何も見ずに手書き。書き順を間違えたらどこが違ったのかをお手本と自分で書いたものを並べてアニメで表示してくれるのがいいです。

なお、漢字だけでなくカタカナの手書き問題もあります。息子さんは「ワ」と「ク」、「ン」と「ソ」の書き分けが苦手なようです。

特に「ワ」と「ク」、息子さんが何度書いても正しく認識してくれないので、文字認識の精度を疑ったのですが、試しに私が書いたら一発で認識しました。やっぱり書き方が悪いみたいですね……。

学習意欲を継続させる仕組み

image02

勉強を1つ終えるとメダルがもらえ、それでぼうけんマップが1マス進むというご褒美的な仕掛けもあります。28マスでゴールするようになっているのですが、息子さんはこのマップを開くために一生懸命がんばってました。ゴールすると、何かしらのご褒美が貰えるということです。

親としても、このマップでどれくらい勉強したのかが把握できるので楽ですね。「今月まだゴールしてないの?」とか言えるし。

image03

また、学習習慣を付けさせる仕組みとしては、予めアラームをセットしておき、時間になったら通志してくれるという設定も可能です。こういうのはタブレットというかデジタルならではの仕組みです。

勉強以外のコンテンツも充実

image00

結局は勉強だったりするのですが、ちゃんとした勉強以外にも動画コンテンツやゲームアプリなども豊富にそろっています。

動画コンテンツでは日本昔ばなしのアニメや「つくりかたのヒミツ そうがんきょう」などのサイエンスちっくなコンテンツもあります。

日本昔ばなしはいいとして、意外だったのは「つくりかたのヒミツ」シリーズ。なんとDiscoveryチャンネルのコンテンツです。小学1年生にはちょっとむずかしいかなぁという気がしますが、親が見る分には楽しかったです。

image08

今回借りているチャレンジタッチは小学1年生向けのものなのですが、なぜか3歳の二男さんが、「えいたんご トレイン」というアプリにはまってしまい、夢中になってやっています。

電車が通り過ぎる前に英語で話されるものの絵を選ぶという単純なものですが、連続正解するとスピードアップしたりしてゲーム性もそこそこあります。

それにしても、Candyと言われて直ぐに飴の絵を選んでいたけど、どこで覚えたんだろう?

現在、タブレット無料キャンペーン実施中

そんな感じで日本e-Learning大賞ベストスマイル賞、イード・アワード2014 小学生タブレット部門で最優秀賞を受賞しているのも伊達ではないなと思わせるチャレンジタッチですが、通常は6ヶ月未満で解約あるいは紙媒体のチャレンジにコース変更した場合には別途タブレット代金として14,364円(税込)が必要になります(6ヶ月以上継続でタブレットは無料)。

しかし先日からチャレンジタッチ開講1周年記念として、先着50万名に受講月数に関係なくタブレットが無料になるキャンペーンを実施中です。

とりあえず1〜2ヶ月試したいけどタブレットが……と考えていた人にはちょうどいいキャンペーンではないでしょうか。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

IIJmio、「0円でもう1枚キャンペーン」を2月15日まで延長

IIJmioが11月から行っていた「0円でもう1枚キャンペーン」が2月15日まで延長されました。 キャンペーン概要 IIJmioでは、すべてのプランで複数枚のSIMを持つことができますが、通常は200

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプリを

HUAWEI、honor 8へのAndroid 7.0/EMUI 5.0のアップデートを開始

HUAWEI honor 8へのAndroid 7.0 Nougatのアップデートが予定通り本日(1月16日)12時から開始されています。 関連:HUAWEI、日本版honor 8のAndroid 7

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

久しぶりにヨドバシカメラAKIBAの模型売り場を覗いてみたら、「液体ラバースプレー」という面白そうなものがあったので購入してみました。 何者かというと、ようするにゴム状のラバーコーティングができるスプ

Amazonで新色を含むHUAWEI P9全色が44,000円台で販売中

HUAWEIの人気機種、HUAWEI P9がAmazonで45,000円を切る価格で販売中です。 HUAWEI P9の定価はもともと59,800円でしたが、11月に値下げが発表され50,800円となっ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

格安だけどカメラ性能はZenFone 3と同等(あるいは、それ以上) ZenFone 3 Laserをレビュー

格安だけどカメラ性能はZenFone 3と同等(あるいは、それ以上) ZenFone 3 Laserをレビュー

バリューコマース経由でUQ Mobileから昨年11月末に発売となったZenFone 3 Laserをお借りました。 関連:ZenFone 3 Laserが国内発表 MVNO各社も取り扱いを開始...

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

久しぶりにヨドバシカメラAKIBAの模型売り場を覗いてみたら、「液体ラバースプレー」という面白そうなものがあったので購入してみました。 何者かというと、ようするにゴム状のラバーコーティングができ...

Nintendo Switch当面のキラーコンテンツは「ARMS」! 携帯モードはちょっとプレイしづらい

Nintendo Switch当面のキラーコンテンツは「ARMS」! 携帯モードはちょっとプレイしづらい

1月13日(金)に詳細が発表された任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch」の一般ユーザー向け体験会が14日(土)~15日(日)にビックサイトで行われていたので、行ってきました。 ...

MENU

back to top