自撮り棒の種類がいろいろ増えてて気になった

2014.12.23
61dMWL3809L._SL1200_

なんか中国圏ではすでに必須アイテム化しているらしく、日本でも連日各社から新製品が発表されているスマートフォンのカメラで自分撮りが捗るという自撮り棒(セルカ棒、自撮りスティック、などなど)。

日本でもヒットしているということですが、いまだリアルで使っている人を見かけたことがありません。私が引きこもっているからというのもあるけど。

Amazon_co_jp__自撮り棒

Amazonで「自撮り棒」で検索してみると、866件、「自分撮りスティック」だと実に2,133件がヒットしたりします。

これだけ出てるということは、売れてるんでしょうね。

そんな自撮り棒ですが、現在市販されているタイプは大きく分けて2種類あります。

まずは種類が多いBluetoothタイプ。スマートフォンとBluetoothのペアリングした自撮り棒に内蔵、もしくは別になっているリモコンスイッチを使ってスマートフォンのシャッターを押すタイプです。

Bluetoothなので自撮り棒側にバッテリ(電池)が必要になります。また、ニュース等でも話題になることがありますが、Bluetoothを使うため、技適を取得している必要があります。私がいうのもなんですが、本体に技適マークがないものはもれなく違法です。

このタイプはアプリをインストールすることでiOS、Androidのどちらにも対応できるものが多いです。

もう一つが、3.5mmジャックにケーブルを挿して使うタイプ。アプリが不要なものも多いようです。

物理ケーブルを使うため、自撮り棒側にバッテリは不要。また電波も出さないので技適の問題もありません。ただ、iOSのみに対応というものがほとんどのようですね。

サンコー スマホ用自分撮りスティック SMHZ775K
サンコー
売り上げランキング: 6,331

あとは、シャッターを押すことが出来ず、単に距離を稼げるだけという単純な製品もあります。このタイプはシャッターを押せないのでセルフタイマーを使うことになりますが、コンデジを装着できるようになっていたりするものも多いです。

どれがいいというのは一概には言えませんが、端末が対応していれば、バッテリ切れの問題がない有線タイプがオススメでしょうか。手軽さではBluetoothですけどね。

クリスマスだったり初詣だったりの年末年始の人混みをニュースで見ることになりますが、人混みの中から自撮り棒が伸びている光景がどれくらい見れるのか、ちょっと楽しみです。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

IIJmio、「0円でもう1枚キャンペーン」を2月15日まで延長

IIJmioが11月から行っていた「0円でもう1枚キャンペーン」が2月15日まで延長されました。 キャンペーン概要 IIJmioでは、すべてのプランで複数枚のSIMを持つことができますが、通常は200

Android 7.0の標準機能、画面分割モードの使いかた

honor 8へのアップデートが開始されたAndroid 7.0 Nougatはデフォルトで画面分割モード(2画面モード)に対応しています。 画面分割モードはその名の通り画面を2分割して別々のアプリを

HUAWEI、honor 8へのAndroid 7.0/EMUI 5.0のアップデートを開始

HUAWEI honor 8へのAndroid 7.0 Nougatのアップデートが予定通り本日(1月16日)12時から開始されています。 関連:HUAWEI、日本版honor 8のAndroid 7

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

久しぶりにヨドバシカメラAKIBAの模型売り場を覗いてみたら、「液体ラバースプレー」という面白そうなものがあったので購入してみました。 何者かというと、ようするにゴム状のラバーコーティングができるスプ

Amazonで新色を含むHUAWEI P9全色が44,000円台で販売中

HUAWEIの人気機種、HUAWEI P9がAmazonで45,000円を切る価格で販売中です。 HUAWEI P9の定価はもともと59,800円でしたが、11月に値下げが発表され50,800円となっ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

格安だけどカメラ性能はZenFone 3と同等(あるいは、それ以上) ZenFone 3 Laserをレビュー

格安だけどカメラ性能はZenFone 3と同等(あるいは、それ以上) ZenFone 3 Laserをレビュー

バリューコマース経由でUQ Mobileから昨年11月末に発売となったZenFone 3 Laserをお借りました。 関連:ZenFone 3 Laserが国内発表 MVNO各社も取り扱いを開始...

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

液体ラバースプレーは塗って剥がせる優れもの。 気に入った色のスマホケースがないなら塗ってみるのはいかが?

久しぶりにヨドバシカメラAKIBAの模型売り場を覗いてみたら、「液体ラバースプレー」という面白そうなものがあったので購入してみました。 何者かというと、ようするにゴム状のラバーコーティングができ...

Nintendo Switch当面のキラーコンテンツは「ARMS」! 携帯モードはちょっとプレイしづらい

Nintendo Switch当面のキラーコンテンツは「ARMS」! 携帯モードはちょっとプレイしづらい

1月13日(金)に詳細が発表された任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch」の一般ユーザー向け体験会が14日(土)~15日(日)にビックサイトで行われていたので、行ってきました。 ...

MENU

back to top