欧州議会が検索事業と他のサービス事業を分離すべきという勧告を可決 要するにGoogleへの分割要求

2014.11.28
google

欧州議会は、「検索エンジンとその他のサービスは分離すべき」とする勧告を賛成多数で可決しました。

要するに、Googleがその独占的地位を利用して、検索結果に自社サービスを優先的に表示したり、逆にGoogleのサービスを使う上で、検索エンジンとしてのGoogleの利用を矯正することは競争を促す上でもけしからんということです。ちなみに可決された内容そのものには「Google」という文字はありません。

ちなみに投票のうちわけは384票中、賛成174、棄権56とのこと。圧倒的多数で可決というわけではなさそうですね。

今回の勧告自体には法的強制力はないようですが、今後これを踏まえた法案が登場してくる可能性もあります。

競争を促すという意味では必要なことなのかもしれませんが、そのせいで不便を強いられるのはユーザーだったりするんですよね。なんとかうまく折り合いをつけてほしいものです。

(via engadget)
(source European Parliament News)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

News >モバイル

NuAns NEO [Reloaded]がモバイルSuicaに正式対応を発表

ところで発売はいつ?5月発売はないかな・・・

MENU

back to top