ASUS、ZenFone 5のエントリーモデル、AZenFone 5 Lite(A502CG)を発表

2014.11.17
10502319_10150453779834957_5181696968901195342_n

ASUSが日本でも販売されているZenFone 5(A500KL)の廉価版、ZenFone 5 Lite(A502CG)を発表しました。A500KLはLTE対応ですが、型番的にはLTE非対応でATOM搭載のZenFone 5(A501CG)の廉価版となります。ややこしいけど。

わかりやすく日本で販売されているモデルと比較するとCPUがSnapdragon 400ではなく、Intel Atom Z2520(1.2GHz)になっているほか、一番の違いは解像度。5インチなのは同じですが、解像度が960×540と低くなっています。

その他、国内販売されているA500KLとのスペック比較は下記。

スペック ZenFone 5 Lite(A502CG) ZenFone 5(A500KL)
ディスプレイ 5インチ 5インチ
解像度 960×540 1280×720
プロセッサ Intel Atom Z2520(1.2GHz) Snapdragon 400 1.2GHz
RAM 1GB 2GB
ストレージ 8GB 16GB/32GB
外部ストレージ microSD(64GB) microSD(64GB)
カメラ 8MP/0.3MP 8MP/2MP
バッテリ 2,500mAh 2,110mAh
サイズ 148.2 x 72.8 x 10.8mm 148.2 x 72.8 x 10.34mm
重さ 160g 145g
その他 デュアルSIM シングルSIM
LTE 非対応 対応

スペックが低くなっている分、価格も安く、5595フィリピン・ペソ(約14,500円)となるようです。

最近はエントリーモデルでも5インチクラスの端末が増えてますね。やっぱり時代は大画面なのでしょうか。個人的には4インチくらいがちょうどいいサイズな気がするけれども。

(via blog of mobile)
(source ASUS, Facebook)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top