米Amazon、$39のスティック型端末 Fire TV Stickを発表

2014.10.28
feature-hero-v2

米AmazonがChromecastを意識したスティックタイプの端末、Fire TV Stickを発表しました。日本にいるとその存在を意識することはありませんが、AmazonにはFire TVというセットトップボックスがあり、それの簡易版ですね。

広告

Amazonのセットトップボックス、Fire TVがやってきた – Dream Seed

m-slate-02-lg._V322925848_

あからさまにChromecastを意識しており、メモリは2倍(Chromecastは512MB、Fire TV Stickは1GB)、ストレージは4倍(Chromecastは2GB、Fire TV Stickは8GB)という点をアピールしてます。

Fire_TV_Stick_-_Official_Site_-_Shop_Now

Chromecastと違い、単体でコンテンツの表示やアプリの実行が可能です。Chromecastというよりは、よくあるAndroid Stickという感じ。

feature-secondscreen._V322909424_

Fireタブレットからだけでなく、他のAndroidやiOSからもキャストが可能なようです。また、Fireタブレットからインスタントビデオをキャストする場合には、タブレット側をサブスクリーンとしてX-Ray(登場人物や俳優の紹介など)を表示できるとのこと。これはちょっと便利そうです。

発売は11月19日ですが、すでに予約が開始されています。価格は$39。なお、Primeメンバーは2日間に限り$19で購入(予約)が可能になっています。

(source Amazon)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top