2014.9.24

auがXperia Z3(SOL26)、Galaxy Note Edge(SCL24)、Galaxy Tab S(SCT21)を発表

スクリーンショット_092414_031846_PM

auが突然にXperia Z3、Galaxy Note Edge、Galaxy Tab Sの発売を発表しました。iPhoneに忙しすぎて発表会する余裕がなかったんでしょうかね?

広告
p_index_01

そんなわけで、まずはXperia Z3です。

auのXperiaシリーズは先代のXperia ZL2のように型名に「L」が付くことが多いのですが、今回はそのままZ3となりました。外観もグローバルモデルと同様のようです。

Sony、PS4のリモートプレイに対応したXperia Z3、Z3 Compact、Z3 Tablet Compactを発表 – Dream Seed

au仕様として、おサイフ、ワンセグ、フルセグに対応。キャリアアグリゲーションやWimax2+にも対応します。

p_index_03

au +1 collectionとしてAndroid Wear搭載のスマートウォッチ、SmartWatch 3(SWR50)も発売するということです。

なお、SmartWatch 3はau以外からもSonyMobile自身がSmartBand Talkとともに販売します。価格はSmartWatch 3が25,000円前後、SmartBand Talkが18,000円前後とのこと。どちらも11月下旬の予定です。

p_index_01 (1)

SamsungのGalaxy Note Edgeは右側面までディスプレイになっているNoteシリーズの端末です。Samsungは同時に通常のGalaxy Note 4も発表していますが、docomo、auともにNote 4ではなくNote Edgeを選択したようですね。

Smasung、Galaxy Note 4とディスプレイが側面に回り込んだGalaxy Note Edgeを発表 – Dream Seed

こちらもおサイフ、ワンセグ、フルセグ、キャリアアグリゲーション、Wimax 2+に対応しています。ただし、防水には非対応です。

p_index_02 (2)

こちらはアクセサリとしてTizen搭載のスマートウォッチGear Sがリリースされます。グローバルモデルでは3G通信にも対応しているのですが、au版はWiFiのみとなるようです。

Samsung、3G通信に対応し通話も可能なスマートウォッチGear Sを発表 GPSも内蔵 – Dream Seed

他にもBluetoothヘッドセット「Gear Circle」、Edge用のフリップケース「Galaxy Note Edge Flip Wallet」が発売されます。

発売は10月下旬。

p_index_01 (2)

最後はGalaxy Tab S。すでにWiFi版は国内でもSamsungから発売されていますが、そのLTE対応版がauからリリースされます。

Samsung、フラッグシップタブレット Galaxy Tab Sを発表 – Dream Seed

WiFi版では10.5インチと8.4インチがリリースされていますが、au版は10.5インチのみのようです。

さすがにおサイフはありませんが、ワンセグ、フルセグ、キャリアアグリゲーション、Wimax 2+には対応しています。

そんなGalaxy Tab Sの10.5インチWiFi版は以前にGalaxyアンバサダーでお借りしていました。

SamsungのGalaxy Tab S 10.5インチ版をお借りしました – Dream Seed

発売は12月上旬とのこと。

Xperia Z3、Galaxy Note Edgeはdocomoからも発売される予定で、こちらは9月30日の冬春モデル発表会で発表されるはずです。auのこのタイミングでの発表はdocomoの機先を制するという意味もあるんでしょうね。

なお、Xperia Z3、Galaxy Note Edgeは9月25日からKDDIデザイニングスタジオ (東京・原宿)、au NAGOYA (名古屋・栄)、au OSAKA (大阪・梅田)、au FUKUOKA (福岡・天神) で展示されるということです。

(source KDDI 1, 2, 3)

タグ: , , , ,

back to top