iPhone 6 Plusの実際の解像度は2,208 x 1,242らしいので顕微鏡で確認してみた

2014.9.20
pix2 2

iPhone 6 Plusのディスプレイは1920 x 1080 401ppiということになっていますが、実際には2208 x 1242の解像度で、それをわざわざ1920 x 1080に縮小して表示しているという話が出ていたので、確認してみました。

写真 2014-09-20 21 05 44

まずスクリーンショット。これは間違いなく2208 x 1242サイズで取得されます。噂は本当のようです。

で、次に顕微鏡でディスプレイそのものを確認してみました。

pix1

撮った画像はこんな感じ。これを等倍で切り出したのがトップの画像です。中央の黒い部分は「F」の先っぽです。

ピントがばっちりと合っているわけではありませんが、5.2インチ 1920 x 1020 424ppiのXperia Z2と比べるとさらに細かいことがわかります。計算するとiPhone 6 Plusは実際には461ppiのようです。

下段の2つは参考として4.7インチ 1280 x 720 315ppiのAmazon Fire Phoneと、4.7インチ 960 x 540 234ppiのLG G2 mini。

iPhone 6 Plusはなんでこんな面倒なことをしてるんですかね?何かしらのメリットがあるのかな?

なお、撮影に使った顕微鏡はKenkoのSTV-40Mというやつ。

安いけどちゃんと使えます。

1,500円でお釣りが出る携帯型顕微鏡 STV-40Mコンパクトを買ってみた – Dream Seed

ただ、顕微鏡越しに撮影するのはかなり大変なので、USB接続でPCに画像を出せるタイプのが欲しいところ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

QWERTYなBlackBerry Keyone、北米での販売は5月31日と発表

英国では5月5日に一部の小売店でごく少数の販売、それ以外は5月22日以降になるというBlackBerry Keyoneですが、米国およびカナダでの発売が5月31日になると発表されました。 関連:BlackBerry Ke ...

ABOATの高品位なUSB Type-C to Type-Aケーブルをレビュー。ナイロン被覆に金メッキ、端子カバーはアルミ製

ABOATさんのご厚意で、USB Type-C TO Type-Aケーブルをご提供頂きました。ナイロン編の被覆で取り回しがしやすいケーブルです。 ナイロン編みの被覆に金メッキの高品質ケーブル ケーブルは1mの長さで2本組 ...

NuAns Neo [Reloaded]がIndiegogoでキャンペーンを開始。今回は成功なるか?

AndroidになったNuAns Neo [Reloaded]がクラウドファンディングのIndiegogoでキャンペーンを開始しました。米国内での販売が目的なのでしょう。 関連:AndroidになったNuAns NEO ...

レビュー >その他

似たようなことは身近でも起きてるかも。史上最大級の人災を描いた「バーニング・オーシャン」

4月21日に公開された映画「バーニング・オーシャン」を観てきました。 バーニング・オーシャンは2010年4月20日に海底油田掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で発生した人類史上最悪の石油事故をもとにした映画。事故 ...

News >モバイル

スマホのカメラの可能性。Googleの中の人がNexusとPixelの夜景撮影でデジタル一眼に挑む 

GoogleのGcamチームの一員であるFlorian Kainzさんが、Google Pixel、Nexus 6Pを使用して撮影した美しい写真の数々を公開しています。 夜景撮影でデジタル一眼に挑戦 Gcamチームは、2 ...

MENU

back to top