10インチタブレットも差し込める、3台のデバイスを切り替えて使えるBluetooth Multi-Device Keyboard K480を買ってみた

2014.9.15
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PC、Mac、iPad、Androidなど3台のデバイスとペアリングでき、適宜切り替えて使用することができるBluetoothキーボード、LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード K480を購入してみました。

これまでも複数台を切り替えて使用できるキーボードはありましたが、K480の特徴はデバイスを立てかけられるスタンドが付いている点ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正面。上部にある溝がデバイスを差し込んで立てかけられる部分です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素材はシリコンゴムかな?垂直ではなく、すこし斜めに穴が開いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デバイスがどの角度で止まるのかは厚み次第です。Xperia Z Ultraのような薄型のものは後ろに倒れ気味になるし、多少厚みがあるものは直立に近くなります。

溝の幅は約12.5mm。Nexus 7辺りまではケースに入れたままでも差し込めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

電源は充電式ではなく単4乾電池2本です。電池持ちがどの程度なのかは不明。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背面に電源スイッチもついています。

滑り止めのゴム足もシリコンぽい素材です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Apple Wireless Kyeboardと比較。キーボード部分の面積はほぼ同じですが、スタンド溝がある分大きくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、厚みがかなりある上、キックスタンド的なものもないので、人によっては打ちにくいと感じるかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPad miniを挿したところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10インチのXperia Tablet Zも問題なく使えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縦置きにしても背面に倒れちゃうこともありません。

これで分かる人もいると思いますが、後ろに傾かないように、本体は約1Kgとキーボードにしては重いです。

モバイル用途ではなく、机上に据え置きを想定しているようですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キーボード自体はメカニカルでカチャカチャとした感触ですが、キーストロークはそれほど深くありません。ダイヤル式の切り替えも分かりやすく、Windows、Mac(iOS)、Android用それぞれの専用キーがペアリングした相手によって切り替わるようにもなっており、使い勝手はまずまずです。

スマートフォンやタブレットの専用置き場としても使えるし、常に複数台を切り替えて使っている人にはいいんじゃないでしょうか。

Logicool_Preference_Manager

PC、MacではLogicoolのサイトから「Logi Preference Manager」、あるいはAndroid用だとGoogle Playから「Logitech Keyboard Plus」をインストールすることで多少のカスタマイズが可能です。

全体的にはかなりいいんじゃないかと思いますが、キーボード自体ので出来がちょっとちゃっちいですね。値段なりとも言えますが、もう少し頑張って欲しかったです。個人的には、スタンド部分は背面に支えを入れる構造でもいいので本体を軽くして欲しかったかなぁ。

頑張れば持ち運べないこともないけど、これを持ち運ぶならMacbook Airを持って行く気がします。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top