AmazonのHTC製スマートフォンはAT&Tの圧力でなくなったらしい

2014.9.12
P8030648-800x600

かなりの苦戦を強いられているというか、明らかに失敗していると思われるAmazonのFire Phoneですが、昨年10月頃にはHTCと組んでハイエンドとローエンドの2機種を開発しているという噂がありました。

AmazonのスマートフォンはHTCと組んで開発しているという噂 – Dream Seed

しかし世に出たのはハイエンドモデルで、そこにHTCは絡んでいません。

どうやら、ハイエンドモデルはAmazonの自社設計、ローエンドモデルはHTCが開発していたということですが、AT&Tの圧力によりHTC製のローエンドモデルはお蔵入りになったということのようです。

HTCの端末が米国での独占販売権を持っていない(AT&Tが独占販売権を持っていない?あるいはHTCの端末が米国外でも販売されるという意味?)ということにAT&Tが懸念を示し、ハイエンドモデル(現在のFire Phone)のサポートを盾にAmazonにHTC端末プロジェクトの破棄をせまったとのこと。

結果としてAmazonは低価格端末への参入機会を失い、HTCも新しい販路を失ったわけですが、この件で誰が得をしたのかというと、誰も得してない気がします……。

HTCの低価格端末が出ていたとして、それがヒットしたかどうかはわかりませんが、多少は状況も違ったものになっていた気はしますね。

(via engadget)
(source the information)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top