超音波虫除け機能まで装備したソーラーバッテリ mPowerBand 2 Proを使ってみた

2014.8.24
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太陽光充電が出来るモバイルバッテリや、持ち運び可能なソーラーパネルというのは色々と市場に出回っていますが、どれもこれだ!という決め手に欠けている気がしています。

実際、ソーラーバッテリと聞いてパッと製品が思い浮かぶ人は少ないんじゃないでしょうか。個人的にはAnkerのソーラーチャージャーが思い浮かびますけど。

そんな中、Frost & Sullivan社が毎年選定している「The 2014 North American Solar Portable Battery Charger New Product Innovation Leadership Award」、要するにモバイルソーラーバッテリで最も優れた新製品というお墨付きを得たソーラーバッテリ、「mPowerPad 2」が日本でも発売されました。

そのmPowerPad 2をお借りすることができたので、簡単ですがレビューしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

mPowerPad 2にはLite、Xplore、Proという3タイプがあり、それぞれちょっとずつ仕様が異なります。今回お借りしたのはProでフル機能の最上位版となります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体はこれ。この状態でmPowerPad 2 Proですが、実はmPowerPad 2 XploreにモバイルバッテリmPowerpack 50を取り付けた状態でもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どういうことかというとこんな感じ。右のがモバイルバッテリ mPowerpack 50。これで5000mAhのバッテリです。で、左側がmPowerPad 2 Xploreというソーラー充電器という位置づけです。充電器と言ってもこれ自体にも6600mAhのバッテリを内蔵しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏のソーラーパネル面。プラスチックのカバーがあり、しっかりした作りです。

本体の充電はソーラーパネルからだけでなく、USB経由でパソコンやACからでも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPad miniを載せてみました。サイズ感がわかるでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち歩くにはやや大きいかなという気がしますが、重さは意外と軽く、バッテリパックをつけても700gです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底面。mPowerpackの充電ポート(microUSB)と出力ポートがあります。なお、mPowerpackの出力は5V 1400mAhまでとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上面。電源ボタンと左右にストラップホール、そして中央に懐中電灯がついています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向かって右側に機能選択用のホイールとスピーカ、3.5mmジャック。ゴッツいカバーが付いているのでわかると思いますが、生活防水と防塵仕様になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本体向かって左側に出力用のUSBポートが2つと充電用のmicrouSBポートがあります。出力は5V 2,000mAhなのでiPadなども充電できそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

懐中電灯を点灯してみました。ちょっと暗めですが、緊急時には使えますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは読書灯。キャンプにいったりしたときに便利そうです。ただ、mPowerPad 2自体が自立できないので、そこが惜しい。何かに立てかける必要があります。

なお、懐中電灯と比べるとこっちのほうが明るい気がしますが、仕様的にはどちらも35ルーメンということです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてキャンプなどのアウトドアではすごく便利そうなのが、この超音波虫除け機能。使ってみましたが、虫が回りにいないので効果の程は不明です。使っている間、とくに音などは聞こえませんでした。

もう一つ面白い機能がSOS。防犯ブザーのように音でも出るのかと思っていたのですが、なんと読書灯と懐中電灯でSOSのモールス信号を発信するという機能でした。山とかで遭難したりした場合に、夜、空が見えるところでこの機能を使えば発見してもらえる確率が高くなるかもしれません。そういうシーンだと音よりも光なんでしょうね。

他にはFMラジオも付いていますが、FMラジオと虫除け機能はXplore、Proのみで、Liteには付いていません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バッテリパックが取り外しできるので、本体(ソーラパネル充電器)は日当たりのいい場所に置いておき、バッテリパックのみ別の場所で使うといったことも可能。mPowerPackを複数用意しておくと1つを使用中にもう一つを充電とかできていいかもしれません。

また、mPowerPackへの充電はソーラーパネルから直接ではなく、mPowerPad 2の内蔵バッテリから行われる仕様のようです。本体の種強くも同様なので、ソーラー発電が不安定で繋げた機器が充電できない、というようなことはなさそうです(内蔵バッテリが空だとだめですけどね)。

夏のレジャーシーズンはもう終わりですが、これから秋の行楽シーズンに向けて、また防災用として1つ常備しておくと役に立ちそうですね。

気になる価格は、mPowerpad2 Liteが13,824円(税込)、Xploreが18,144円(税込)、Proが24,624円(税込)となっています。

(link Thirdwave)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

雑記

GPD Pocketに休止状態を追加する方法

何かしらの不具合があるかもしれないけど、今のところは問題なさそう。

News >モバイル

Google、スマホの背面タッチパッドに関する特許を取得

便利なのかは微妙かもだけど、いろいろ新しいことを試みてほしい。

雑記

GPD Pocketのケースを製作、市販品はiPad mini用のものが使えるかも

厚みがあるので市販の7インチタブレット用ケースだとギリギリになるかも。

MENU

back to top