Amazon Fire Phoneの中身について 日本語入力は標準対応

2014.8.3
fire1

外観レビューに続いてAmazon Fire Phoneの中身についてです。

Amazon謹製のスマートフォン、Fire Phoneがやってきた – Dream Seed

Fire PhoneのOSはAndroidベースのFire 0Sですが、Androidベースなのがわからないぐらいカスタマイズされており、まったくの別物です。メニュー構成からなにからすべてAndroidとは違うので慣れないとかなり戸惑います。

というわけで、まずはホーム画面から。

上の写真がホーム画面です。Kindle Fireなどでお馴染みのカルーセル表示ですね。上半分に最近使ったアプリやコンテンツ、ライブラリにある電子書籍などがならび、下半分には、例えばビデオを表示している時ならおすすめの映画、電子書籍ならおすすめの本、ブラウザなら閲覧履歴など、それに関連する内容が表示されます。

なお、この画面からAmazonインスタントビデオやKindle、Storeに移動できますが、当然ながら使えるのは米Amazonのアカウントのみで日本のAmazonアカウントは使えません。

fire8

Fire Phoneにはホームボタンしかなく、Androidの戻るボタンに相当するものがありませんが、これはスワイプで対応します。

下から上へのスワイプでアプリの終了や戻るの動作になります。上から下でアクションセンターの表示、左から右、左から右で各アプリに応じたメニュー表示という感じです。

左右のスワイプはホーム画面ではメニュー表示と位置情報に基づいた天気の表示になります。

fire2

ホーム画面で下から上へのスワイプをするとアプリドロワーが表示されます。この中でDropboxとTunnelBearは後からインストールしたもの。やっぱりAmazon系のアプリが基本になっていますね。

fire9

設定メニューもAndroidとはまったく違います。正直、何がどこにあるのか非常に見難いです。たぶん、ここら辺はイジらせない、イジる必要がないという前提なのでしょう。

ちなみにFire OSのバージョンは3.5.0(101012120)でした。

fire4

そして気になる人が多いかもしれない日本語環境についてですが、さすがに日本語はデフォルでは入っていません。morelocale 2をインストールしようとしたところ最近見慣れたpmコマンドを使えという表示になったので試したのですが、pm自体がエラーになってしまいました。メニュー等を含めた日本語化はかなり難しそうです。

反面、日本語入力については何の問題もありません。初期状態ではありませんが、キーボード設定から「Download New Language」を選ぶと日本語キーボードを追加でダウンロードできます。この辺はWindows Phoneっぽいですね。

fire10

日本語表示も中華フォントにならずに表示されます。この辺りはKitkat以降のAndroidの挙動と同じです。日本語入力はフリックではなくローマ字入力となります。あまり賢くはないので単語変換が基本ですね。

ちなみに絵文字入力は非対応。顔文字は欧米タイプ( 「:-)」や「;-)」というやつ)に対応していました。

現状、米Amazonのサービスを使いつつ、TwitterやFacebookを使ったり、WEBを見たりするという用途になら問題なく使用できます。どこぞのサイトでめちゃめちゃ低評価を付けられていましたが、そこまで酷くはないです。もちろんAndroidスマートフォンとしてみるとGoogle系サービスが一切使えない(Google PlayはもちろんGmail、Map、ハングアウトなどもありません)という欠点はありますが、4.7インチのKindle Fireだと思えば納得できる範疇です。

購入すればもれなくPrime会員権1年分が付いてくるので、VPNを通せば多くのインスタントビデオが無料で見れます。もちろん英語ばかりですが、一部、日本のアニメなどもあったりします。

もちろんすべての人に勧められる端末ではないというか、日本にいる人にはだれにも勧めはしませんが、よく出来た端末だとは思います。

root化出来るようになると面白そうです。

そんな感じですが、レビュー自体は長くなったので続きます。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

米Amazon、Dush Buttonを押すたびに異なるお菓子の詰め合わせが届く「Prime Surprise Sweets」を提供中

オンライン版のDush Buttonをリリースした米Amazonですが、物理的なDash Button(ややこしい・・・)を使い、ボタンを押すたびに毎回異なるお菓子の詰め合わせが送付されてくる「Pri

GPD WINの保護シートや干渉防止ゴムの自作など、使いやすくするためにやったこと

最近ゲーム設定の話しか書いていない気がするGPD WINですが、もちろんゲーム以外でも活用していて外出時にはPC(Surface Pro 3)は持ち歩かずにGPD WINだけで済ませることが多くなって

Nintendo Switch予約開始 今回は実店舗での予約が確実そう

本日9時から予約がスタートしたNintendo Switch。 Amazonを除くオンラインショップでは軒並みサイトが重かったり、エラーになっているようです。 Amazonでは10分ほどで完売 Ama

米Amazon、1プッシュで注文できるAmazon Dush Buttonにオンライン版を追加

日本でも始まったAmazon Dush Buttonですが、米AmazonではDush Buttonのオンライン版が登場しました。 Amazon Dush Buttonは、ボタンを押すと注文が完了する

世界初のVR対応13インチゲーミングノートPC、ALIENWARE 13が日本で発売開始

DELLが世界初となる13インチのVR対応ゲーミングノートPC ALIENWARE 13を発表しました。 ALIENWAREはこれまで15インチと17インチがありましたが、今回あらたに13インチが追加

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

米Amazon、定価が$869のGoogle Pixel XL 128GBモデルを$1,510で販売中

米Amazon、定価が$869のGoogle Pixel XL 128GBモデルを$1,510で販売中

米AmazonがGoogle Pixel XL 128GBに$1510.08という価格を付けて海外サイトで話題になっています。 昨年10月に発売となったGoogleのPixel/Pixel XL...

Nintendo Switch予約開始 今回は実店舗での予約が確実そう

Nintendo Switch予約開始 今回は実店舗での予約が確実そう

本日9時から予約がスタートしたNintendo Switch。 Amazonを除くオンラインショップでは軒並みサイトが重かったり、エラーになっているようです。 Amazonでは10分ほどで完売 ...

DELL、13インチとしては世界最小のXPS 13 2-in-1を発表

DELL、13インチとしては世界最小のXPS 13 2-in-1を発表

DELLが13インチ 2-in-1なノートPCとしては世界最小となるXPS13 2-in-1を国内で発表し発売を開始しました。 20日の夜にアフィリエイター向けの製品発表会があり、それに参加して...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

MENU

back to top