ExpansysでOnePlus Oneの販売開始 価格は約40,000円

2014.8.1
oneplusone

CyanogenからスピンアウトしたOnePlusが販売するフラッグシップキラー、OnePlus OneがExpansysに入荷しています。

公式オンラインショップでは$299ですが、相変わらず招待がないと購入できない状態です。一方のExpansyでは16GBが約40,000円と若干割高になっていますが、とりあえず購入できるという点が大きいですね。

Oneplus Oneの主な仕様は下記。

  • ディスプレイ:5.5インチ 1920 x 1080 401ppi
  • ディスプレイ保護:Gorilla Glass 3
  • プロセッサ:Snapdragon 801 2.5GHz クアッドコア
  • RAM:3GB
  • ストレージ:16GB
  • バッテリ:3100mAh
  • カメラ:13MP/5MP
  • サイズ:152.9 x 75.9 x 8.9mm
  • 重さ:162 g
  • OS:CyanogenMod 11S(Android 4.4)
  • ネットワーク:WCDMA 1/2/4/5/8、LTE 1/3/4/7/17/38/40

Xperia Z2やGalaxy S5に劣らないかなりのハイスペックですが、価格的には半額近くなっています。

なお、Expansysで販売されているのは、CyanogenModバージョンではなく、Color OSバージョンのようです。ハードは同じなのであとでCyanogenModバージョンのROMを焼いて変更することも可能ですが、その点だけ注意してください。

Expansys – OnePlus One Color OS Version
icon

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

壊れたカメラ付きインターホンを自分で交換する方法

配線を使いまわせるので作業は楽です。ものすごく古いとわからないけど。

Amazon 夏のタイムセール開催、非プライム会員でも参加可能

プライムデーで買い損ねたものがあるならぜひ

back to top