Kantarが2014年Q2の各国スマートフォンシェア調査結果を発表 イタリアではiOSが2位に浮上 日本ではWindows Phoneのシェアが1.4%あるらしい

2014.7.31
kantar2

調査会社のKantarが恒例となっているスマートフォンシェア調査結果 2014年Q2分を発表しました。

kantar

全体的にはAndroidが1位、iOSが2位、Windows Phone 3位というのは変わりませんが、iOSが軒並みシェアを落とし、Windows Phoneとの差が詰まってきています。

これはiPhone 6をにらんでの買い控えが起きているのでしょうか?

中国ではXiaomiの勢いが止まらず、Q2だけをみると中国国内のスマートフォン売り上げの27%がXiaomiだったということです(Samsungは21.1%)。

なお、1~5月ではSamsungがなんとかトップだったという結果も出ています。

Xiaomi、今年1月〜5月の中国国内販売シェアでAppleを抜いて2位に – Dream Seed

ところで、ここしばらくイタリアではWindows PhoneのシェアがiOSを逆転していましたが、久しぶりにiOSが巻き返しています。2013年8月以来かな?

そして今度はスペインでWindows PhoneがiOSを抜いて2位に浮上しています。もう欧州ではiOSとWindows Phoneのシェアがほぼ変わらないところまできているという感じですね。

日本では相変わらずiOSがトップですが、Windows Phoneのシェアが1.4%もある……。本当?

(source KANTAR)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top