Android端末にE-Inkなセカンドディスプレイを追加するInkCase Plusが出資募集中

2014.7.20

数日前から各所で話題になっていますが、スマートフォンのセカンドディスプレイとして利用できるe-Inkデバイス、InkCase PlusがKickStarterで出資を募集しています。

このInkCase Plus、名前からわかるかもしれませんが、前進となるInkCaseという製品が存在しています。

OAXIS_product

初代のInkCaseはiPhone 5専用でハードケースに一体化されているものでした(Galaxy Note II専用のInkCase N2というのもあります)。

e7599f79f1a6e5039f3ce2839dedf5a0_large

今回のInkCase Plusはケースから独立した形になっており、スマートフォンに依存しない形になっています。もちろんケースに取り付けて従来通りの使用感にすることも可能です。

スマートフォンとの通信はBluetooth経由で行いますが、InkCase Plus側に画面(データ)を飛ばすにはスマートフォン側のアプリが対応する必要があり、なんでも飛ばせるわけではありません。だれでも対応アプリを開発できるようにSDKは公開されています。

7c485c96abc4b9355fa16e5c9ad9ac32_large

Kickstarter上では電子書籍リーダとしての使い方を進めていますが、上記理由によりKindleで購入した電子書籍が読めるわけではないので注意が必要です。

正直なところ、便利なのかどうかがイマイチわからないのですよね、これ。スマートフォンのセカンドディスプレイというアイデアは面白いと思うし興味もあるのですが、対応アプリのものしか表示できないというのがマイナス。AllCast的な中間アプリというか橋渡し的なアプリが出てくると使い道が広がるのだろうけど……。

そんなInkCase Plusは8月14日まで出資を受け付けています。すでに一部は売り切れとなっていますが、現在入手可能な最低価格は$79。上手くいけば10月に出荷予定です。

(source Kickstarter)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top