3.5mmジャックに物理ボタンを追加するPressyのコピー製品、i-Keyを購入してみた

2014.7.17
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Android端末の3.5mmジャックに挿して物理ボタンを追加してしまうPressyですが、アイデア勝負の単純なものなのでコピー製品が数多く出回っています。

3.5mmジャックに挿して使う追加ボタン Pressyがやってきた – Dream Seed

そんなコピー製品の1つ、電脳中心買物隊で取り扱っていたi-Keyを購入してみました。日本のAmazonからも購入でき、送料込み1260円です。ただし、香港からの発送なので到着まで1週間程度かかります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本家Pressyと並べてみました。左がPressy、右がi-Keyです。i-Keyのほうが若干コンパクト。また本家が4極なのに対して、i-Keyは3極に見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頭のツバの部分もi-Keyのほうがコンパクトです。実測したら、Pressyが直径5.5mm、厚み1.8mmで、i-Keyは直径4.8mm厚み1mmでした。

ikey2

Xperia端末とのデザイン的な親和性はi-Keyのほうが高いですね(上側)。

ikey

対応アプリですが、パッケージに記載されているQRコードを読み取ると専用のアプリがダウンロードできます。

設定出来る事は1クリック、2クリック、3クリック、長押しの4パターン。それぞれにアプリの起動やミュート、メッセージの送信、電源ボタンなどを割り当てることが可能です。

2014-07-16 20.36.37

Pressyでは9パターン登録できるので、この点だけはPressyが優っています。もっとも、こんなに覚えきれないとは思いますけど……。

専用アプリと書きましたが、実はPressyでも利用可能。逆にPressyのアプリでi-Keyを利用することも可能です。たぶん、リモコン付きのヘッドセットを挿しても両者の機能を使えるんじゃないかと思います。

ヘッドフォンを使うときにしまっておけるケースがないのと、取り外しが非常にしづらいという問題はありますが、Pressyは欲しいけど3000円は高いなぁという人にはいいんじゃないでしょうかね。

ただ本当に取り外しが大変なので(キツイからではなく小さいから)、端末によっては外せなくなるという事態も考えられます。その点だけは注意してください。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top