スイスの医療機器メーカ NovartisがGoogleのスマートコンタクトレンズのライセンスを取得

2014.7.16
Hand holding - zoomed in

今年の1月にGoogleが発表していた、涙の中のグルコース濃度を測定し、糖尿病の治療に役立てることができるスマートコンタクトレンズですが、スイスの医療機器メーカー NovartisがGoogleからライセンス提供を受けることを発表しました。

広告

Google、涙中のグルコース濃度を測定できるスマートコンタクトレンズを開発 – Dream Seed

Novartisのアイケア部門であるAlconが今後、開発と製品化を行うとのことです。

具体的に目指されているのは、

  • 涙の成分を分析し、グルコース濃度を無線で飛ばすことで、糖尿病患者の血糖値コントロールを手助けする。
  • 老眼のために度数を可変できるコンタクトや白内障患者のための眼内レンズの開発。

の2つです。

いつ頃商品化されるのかはわかりませんが、この流れで行くとコントタクトレンズにディスプレイを内蔵する日も遠くはないという気がしてきます。

私が生きている間には実用化されるかな?

(via engadget)
(source Novartis)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top