ダンボール製簡易VRヘッドセットにレンズとマグネットを組み込んでみた

2014.7.2 (更新日:2014.07.03)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日作ったGoogleのダンボール製簡易VRヘッドセット。とりあえずレンズ無しでもそれなりに楽しめましたが、注文していたレンズが届いたので早速組み込んでみました。

広告
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100均のルーペなどでも使えるようですが、今回使ったのはGoogleが指定していたDurovisのもの。ドイツAmazonから購入です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ついでに側面のマグネットも付けてみました。本来していされていたものは直径19mmのネオジウム磁石とリング状のマグネットですが、リング状になっていてちょうど良い物がなかったので、直径20mmのネオジウム磁石を2個使いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内側にはこんな感じで付いています。

この磁石、何をするものかというと色々な場面でボタンとして機能します。外側の磁石をスライドして指を離すと内側にも磁石があるので磁力でもとの位置に戻ります。この時の磁力の変化をスマートフォンが読み取ってくれるわけです。なんか凄いですね。すべての端末で機能するかはわかりませんが、少なくともNexus 5では使えました。

Screenshot_2014-07-02-20-56-44

例えばこの画面で使いたいコンテンツに(頭の動きで)合わせてから磁石をスライドさせるとそれが起動します。磁石がないときは一々スマートフォンを取り出して画面タップで選択していたのでかなり快適になりました。

そしてやっぱりレンズがあるのとないのとでは大違いですね。レンズがないときはメガネがないとピントが合わず、だけどメガネをするとちゃんと顔に当てられなかったのですが、レンズがあると眼鏡なしでもばっちり見えます。

これは体験してみないとわからない類の感動というか驚きがありますね。

何かしらの集まり事があるときに持っていければ持っていくのでぜひ体験してみてください。それまでに壊れていなければですが……。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ASUS、360度回転するヒンジを搭載したChromebook Flip 3機種を国内で発表

Chromebook、日本ではあまり盛り上がっていない気がしますが売れてるんですかね。

News >モバイル

Samsung、Gear S3 TUMI Special Editionを発表、価格は約5万円

ウォッチフェイスが好み。ちょっと欲しい。

back to top