LG G WatchとSamsung Gear Liveが分解される SoCはどちらもSnapdragon 400

2014.7.2
Android Wear Tear Down12_678x452

Google I/Oで参加者に配られたAndroid Wearデバイス、LG G WatchとSamsung Gear Liveが分解されています。

上図の左がG Watch、右がGear Liveのメインボード。機能はほぼ同等ですがGear Liveのほうが基板が小さく、高密度実装であることがわかります。この辺はGearシリーズを作っているSamsungに一日の長があるのではないかと分析されています(LGもスマートウォッチを作ってましたけどね)。

そして、どちらもSoCとしてSnapdragon 400(APQ8026)が使われているということです。G WatchがAPQ8026だというのは少し前からリークしていましたが、Gear Liveも同じなのですね。Android Wearのレギュレーションでも決まっているのでしょうか。

Snapdragon 400は4コアですが、このうちの1コアのみを使用しているようです。これはバッテリとの兼ね合いのためではないかとのことですが、1コアしか使わないのであればSnapdragon 200とかでもいい気がしますが、ここら辺はBluetoothなどとの兼ね合いがあるんでしょうかね?

(via SamMobile)
(source Anandtech)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Android O Preview 4リリース、イースターエッグは「タコ」

ちょっぴりエンダーマンっぽい。

News >モバイル

インターネットの利用環境はスマートフォンが約半数、LINEが調査結果を発表

PCのほうが楽だと思うけどなぁという感想はおっさんだからか・・・

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

back to top