米スターバックス、全米店舗でワイヤレス充電サービスを開始へ 充電規格はqiとは互換のないPMA

2014.6.12
DURACELL POWERMAT WIRELESS CHARGING STARBUCKS

米スターバックスが、ボストンやシリコンバレーの一部店舗で実施していたワイヤレス充電サービスを全米の店舗に拡大すると発表しました。サンフランシスコのベイエリアを皮切りに2015年中に全店舗への導入を目指すということです。

米スターバックスがボストンに続きシリコンバレーの一部店舗でワイヤレス充電サービスの提供を開始 – Dream Seed

欧州やアジアでも1年以内にパイロット店舗でサービスを開始するということです。

ワイヤレス充電というと日本ではqiを思い浮かべますが、米スターバックスが採用しているのはqiとは互換のないPMA(Power Matters Alliance)の規格。Duracell Powermatの製品を採用しています。

日本にいると、なんでそんなマイナーな規格を?ということになりますが、実は北米ではqiよりもPMAのほうが優勢で、GoogleもPMAに協賛していたりします。

一方でqiは欧州やアジアで優勢となっています。これにSamsungとQualcommが立ちあげたA4WPという規格もありなかなかに複雑です。ただ、A4WPについては、qi(WPC)とPMAの両方に互換をもたせるという話もあるのでそれが本当なら最後に生き残るのはA4WPかもしれません。

ちなみに各団体の主要メンバーは下記のようになっています。

規格 WPC(qi) PMA A4WP
主要メンバー ノキア
ASUS
デンソー
ファーウェイ
ソニー
パナソニック
東芝
モトローラ
NEC
HTC
RIM
LG
PowerKiss
Samsung
Qualcomm
Verizon
LG
NEC
RIM
AT&T
ZTE
スターバックス
PowerKiss
Samsung
シャープ
ファーフェイ
HTC
NEC
Qualcomm
Samsung
intel
Qualcomm
HTC
LG
SanDisk

スターバックスが全米店舗にPMA規格の充電を採用すると、PMAの普及が一気に進む可能性がありますが、さて、どうなるのでしょうね?

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top