Softbank、感情を認識する世界初のロボット Pepperを発表 6月6日からソフトバンクショップに設置

2014.6.5
Pepper(ペッパー)登場___特集___ロボット___ソフトバンク

Softbankが世界初となる感情を読み取ることができるロボット、Pepperを発表しました。このロボット、2015年2月に一般販売が行われるとのことです。価格は198,000円。

広告

なんでSoftbankがロボット?と思ったのですが、実際に開発したのはSoftbankの子会社となったALDEBARAN。Softbankが「ショップで対応できるロボットを」と要望したのに対して設計されたもののようです。

Pepperは周囲の状況に応じて自律的に判断を行うほか、人の表情や声などから感情を読み取ることも可能です。

WiFi、有線LANによりネットワークにも接続され、最新のニュースや天気予報なども取得可能。クラウド上にある会話データベースにアクセスすることで音声による受け答えもしてくれるみたいです。Siriみたいなもんですかね。

6月6日から実際にSoftbankショップ(銀座、表参道)に展示、稼働するということなのでちょっと見てみたい気がします。

こんなのが家庭に来たら楽しそうですね。移動するためにこまめに掃除をしなければいけなさそうだけど。

(source softbank, ALDEBARAN)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Essential、今度はUX責任者が退職。1か月で3人の役員が退職したことに・・・

円満退職なのかもしれないけど、今後が不安になります。

Amazon、Summer Sale 第2弾を開催中、8月22日まで

購入時に割引になっているか要確認。

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

back to top