Softbank、感情を認識する世界初のロボット Pepperを発表 6月6日からソフトバンクショップに設置

2014.6.5
Pepper(ペッパー)登場___特集___ロボット___ソフトバンク

Softbankが世界初となる感情を読み取ることができるロボット、Pepperを発表しました。このロボット、2015年2月に一般販売が行われるとのことです。価格は198,000円。

なんでSoftbankがロボット?と思ったのですが、実際に開発したのはSoftbankの子会社となったALDEBARAN。Softbankが「ショップで対応できるロボットを」と要望したのに対して設計されたもののようです。

Pepperは周囲の状況に応じて自律的に判断を行うほか、人の表情や声などから感情を読み取ることも可能です。

WiFi、有線LANによりネットワークにも接続され、最新のニュースや天気予報なども取得可能。クラウド上にある会話データベースにアクセスすることで音声による受け答えもしてくれるみたいです。Siriみたいなもんですかね。

6月6日から実際にSoftbankショップ(銀座、表参道)に展示、稼働するということなのでちょっと見てみたい気がします。

こんなのが家庭に来たら楽しそうですね。移動するためにこまめに掃除をしなければいけなさそうだけど。

(source softbank, ALDEBARAN)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top