docomoの新料金プランに変更した場合のシミュレーション

2014.6.3
新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」___料金・割引___NTTドコモ

6月1日からはじまったdocomoの新料金プラン「カケホーダイ・パケあえる」、改悪云々という話はありますが、料金体系としてはすっきりとしていてわかりやすいと思います。

なので、出来たら今の複雑怪奇な料金プランから移行したいと思っているので、ざっくりといくらになるか計算してみました。

まずは現状の確認。

タイプXiにねん +
Xiパケホーダイ
ライト
Xiデータプラン
フラットにねん
タイプXiにねん+
Xiパケ・ホーダイ
ダブル
基本料金 743 743
通話料 300 0
パケット 4700 5700 2000
ISP 300 500 300
月々サポート -3150 -735 -2520
プラスXi割 -1909
小計 2893 3556 523

細々した費用は抜いていますが、上記3回線でトータル6,972円、パケットは3GB+7GBで10GBです。

これを新料金プランに移行すると下記のような感じになります。

カケホーダイプラン+
シェアパック10
データプラン カケホーダイプラン
基本料金 2700 1700 2700
パケット 9500 500 500
ISP 300 300 300
月々サポート -3150 -735 -2520
小計 9350 1765 980

トータル12,095円。たっかいなぁ。

docomoの新料金の説明だと多少なりとも安くなるイメージなのですが、うちでは5,000円近い料金アップになってしまうようです。また、月々サポートは継続という前提で積算していますが、メイン以外の2回線で本当に継続できるのかは不明です。

なんでこんなことに……と思ったら、docomoのモデルケースで使われている既存の料金プランがもともと高いんですね。

Xiカケホーダイに加入し、さらに通話料金として1,500円も計上されています。これだけで単純に2,167円です。

そんなわけで、新しい料金プランは「通話はほとんどせずパケット通信が中心」という私みたいな人には恩恵はなさそうです。

でも8月には既存プランの新規契約ができなくなるんですよね。今後はどういうプランを組むのが安くあがるのだろう?やっぱりMVNOなのかな。

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Google Play Awards 2017ノミネートアプリ公開、受賞アプリはGoogle I/Oで発表

Googleが昨年から始めた「Google Play Awards」のノミネートアプリを発表しました。 Google Play AwardsはGoogle Playで公開されているアプリから優れたものを表彰するというもの ...

News >モバイル

HTC サポーターズクラブ発足、5月16日に台湾で行われる新製品発表会への招待も!

HTCが「HTC サポーターズ クラブ」を発足し、メンバーを募集開始しました。その中で、5月16日に開催されるHTC Uの発表会に招待するという企画も行われています。 HTC サポーターズ クラブ 世界初のアンドロイドス ...

Twitterの投稿をMastodonに流す3つの方法

だいぶ盛り上がりも落ち着いてきた感じのMastodonですが、Twitterと両方使っているという人も多いはず。Twitterで投稿したものを手動でMastodonにも流しているという人もいると思いますが、面倒だしなによ ...

News >モバイル

Microsoft、組み込みWindows 10を搭載したウェラブルデバイスを発表

Microsoftがスマートウォッチによく似た外観のWindows 10デバイスを発表しました。実際にはMicrosoftが開発したわけではなく、製造は各種OEMを手掛けるTrekStor。 企業・産業の現場向けウェラブ ...

レビュー >その他

実写版「美女と野獣」、王子さまは野獣のほうがイケメンな気が・・・

4月21日から公開されているディズニー映画「美女と野獣」を観てきました。実は原作、アニメを含め、美女と野獣を観るのはこれが初めて。周りはカップルや女性ばかりだったので、実はおっさんが1人で見る映画ではないのかもしれません ...

MENU

back to top