WWDC2014開幕 iOS8ではキーボードが進化 サードパーティ製キーボードも利用可能に

2014.6.3
Apple_-_Apple_Events_-_Special_Event_June_2014

WWDC2014が開幕し、日本時間の深夜2時から基調講演が行われました。

iPhone 6の発表が期待されてしましたが、残念ながらiPhoneを含むデバイス系の発表は一切なし。代わりにiOS8やOSX 10.10 Yosemiteは期待通りに発表されました。

いろいろと新機能や新サービスも発表されていますが、その中で気になったのはiOS8のキーボード。

新キーボードQuicktype。予測変換はもとより、文脈認識も行い、同じ文章でもその前の文章内容から予測候補を変えてきます。日本語にも対応するようなので、どんな感じになるのか気になりますね。

Apple_-_Apple_Events_-_Special_Event_June_2014 2

そしてキーボード絡みでもう1つ。iOSではOS標準のキーボードしか利用することが出来ず、サードパーティのキーボードはメモアプリなどに組み込む形でしか提供できませんでしたが、iOS8ではサードパーティにもキーボードを開放するということです。これで、ATOKやひょっとしたらGoogle日本語変換のiOS版なんかも登場するかもしれませんね。

リリースは秋ということなので、iPhone 6も秋なのかな?

(source Apple)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Android Oでは保存されたネットワークに近づくとWiFiを自動でONにすることが可能

便利そうだけど、それほど使うこともないかな?

Galaxy S8+のレビューまとめ

S8+よりS8のほうが良かったかも。

Galaxy S8+で4K撮影のテスト。発熱で止まらず撮影可能、ただし10分間

使う場面もないと思うけど、世に出るのが数年早かったって感じですかね。

MENU

back to top