Samsung、世界初の商用Tizen端末 Samsung Zを発表

2014.6.2
S_Image_SM-Z910F_combination_Black_Dynamic1

Samsungが世界初となるTizen OSを搭載した商用端末、Samsung Zを発表しました。

若干角ばったイメージですが背面には心拍センサがあったり、ホームボタンに指紋認証があったりして、基本的なハードはGalaxy S5と同等な感じです。

主な仕様は下記。

  • ディスプレイ:4.8インチ 1280×720 SuperAMOLED
  • プロセッサ:2.3GHzクアッドコア
  • RAM:2GB
  • ストレージ:16GB + microSD(64GB)
  • カメラ:8MP/2.1MP
  • サイズ:138.2 x 69.8 x 8.5 mm
  • 重さ:136g
  • バッテリ:2600mAh
  • 指紋認証、心拍センサー、NFC、赤外線、超省電力モード

Galaxy S5を開発するときにTizenとの互換性も考慮していたのでしょうかね?そういえば先日もGalaxy GearがAndroidからTizenにアップデートで変更されました。今後はAndroidよりもTizenに軸足を移すのかな?

Samsung ZはQ3にロシアで発売され、他の市場へも拡大予定とのことです。

(via SamMobile)
(source Samsung)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top