Sonyのフラッグシップ、Xperia Z2 D6503がやってきた

2014.5.20
Xperia Z2

日本では明日21日にdocomo版のXperia Z2 SO-03Fが発売になりますが、私のところには1日早くグローバル版のXperia Z2 D6503が届きました。

今回は英Handtecで購入。BluetoothリモコンのBRH10も一緒に購入して送料込みで£542.08、約92,000円。今回はDHLだったのですが、国内消費税、手数料込みで5,080円が別途かかってしまいました。DHLで消費税とられたのは初めてかな?

そんなわけで、まずはいつものように写真レビューです。

Xperia Z2

同梱物。英国版のXperia Z2にはノイズキャンセリングヘッドセットMDR-NC31EMが付属しています。あとmicroUSB-USB変換ケーブルが付いていたのだけど、これはホストケーブルなのかな?今度調べてみます。ディスプレイの保護シートも付いていましたが、これはhandtecのサービスではないかと思います。

Xperia Z2

正面。いつものXperiaです。Xperia Z1よりも横幅が狭いのですが、単品で見るとわかりませんね。

Xperia Z2

背面。こちらもいつものXperiaです。

Xperia Z2

正面向かって右側面。microUSBスロット、電源、ボリューム、カメラボタンがあります。Z1ではこちら側にストラップホールがありましたが、Z2では反対側に移動しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

microSDスロット。

Xperia Z2

向かって左側面。microUSB、SIMスロット、マグネット充電端子があります。充電端子はZ1と共通でチャージドックもZ1のものがそのまま使用できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

microUSBとSIMスロット。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上面。マイクと3.5mmジャック。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底面はスピーカー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Xperia Z1と並べてみました。右がZ1です。Z2は横幅が狭く、縦に長くなっています。写真だとわかりづらいかもしれませんが、Sonyロゴが目立たなくなっています。これは、ディスプレイのガラスの裏側に刻印されているためです。Z1ではディスプレイの上に飛散防止フィルムがあり、そこにロゴが印刷されているのですが、Z2では飛散防止フィルムが廃止されています。このため、docomo版を購入した場合にも、これまでの飛散防止フィルムを剥がして目立つdocomoロゴを取り除くということができなくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背面も同様にロゴが目立たなくなっていますが、Z1も背面のロゴはガラスの裏に刻印されていたので、こちらは単純に印刷方法の違いだと思います。なお、Z2のBlackは真っ黒ではなく、やや青みがかっているというかグレーっぽい感じです。実物は写真ほど極端ではないですが、Z1と並べると違いがわかります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これまた微妙な違いなのですが、Z1ではディスプレイ部の縁がプラスチックパーツで指の辺りが柔らかかったのですが、Z2ではギリギリまで筐体パーツ(アルミ)が来ており、Z1よりも引っかかりがあります。このため、手に持った感触はZ1のほうが良かったりします。主観ですけど。ちなみに重さはZ2のほうがはるかに軽いです。Z1のずっしりとした重量感はありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

せっかくなのでauのGalaxy S5 SCL23と比較。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手に持った感じはGalaxy S5のほうがいいですね。

そんなわけで、ソフト面についてはまた別記事で。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top