予測変換が秀逸なSwiftkeyが日本語に対応 ベータテストを開始

2014.5.16
nexusae0_SwiftKey

多少の入力ミスがあっても入力内容を予想して正しい変換候補を表示してくれるSwiftkeyが日本語に対応、ベータテストを開始しています。

入力ミスではなくても、濁点や小文字(っ、ょ、ゃ、ゅ、など)などは無視して入力してもちゃんと変換してくれますね。

SwiftKey_日本語入力_-_スマホでサクサク_日本語入力

日本語はデフォルトでひらがな入力(フリック入力)になっていますが、設定でローマ字入力(QWERTY)に変更すると、日本語と英単語の混ざった文章でも切り替えることなく入力可能。日本語は日本語、英単語は英単語として変換してくれます。

変換内容は学習して変換効率を高めてくれるのですが、初期段階でもある程度効率よく変換できるように、Gmailの送信メールを読み込んで学習させることも可能です。

少し試した感じではかなり正確に修正候補を予測してくれますが、連文節変換は苦手みたいですね。単語単位で変換をしていく必要がありそうです。

(via AndroidPolice)
(source Swiftkey)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top