Galaxyアンバサダー タッチ&トライイベントに参加してきました

2014.5.15
2014-05-15 11.27.58

日本でもGalaxy S5が発売となり、2週間端末レンタルがあるということでかなり盛り上がっているようですが、そんな中、Galaxyアンバサダータッチ&トライイベントに参加してきました。

と言っても、内容的には以前に参加させていただいたグローバル版のタッチ&トライとほぼ同じです。

Galaxy S5は「ぱずどら」だった! Samsungの最新グローバルモデル タッチアンドトライイベントに参加してきました – Dream Seed

日本モデルが発売されたということで、一部のスライドが日本仕様に差し替えられていました。

2014-05-15 19.37.50

docomoのVoLTE、auのキャリアアグリゲーションが日本では新機能として大々的に宣伝されていますが、どちらも海外(韓国とか)ではすでに実施されている技術であり、Samsungとして既にも対応済みだったので日本仕様で出すのに苦労はなかったようです。

数年前まではグローバル版の発売後、半年遅れで日本で発売ということも珍しくありませんでしたが、最近ではほぼ同じタイミングで発売されるようになってきています。日本もやっとスマートフォン先進国の仲間入りができたのかと感慨深いものがあります。

そんなGalaxy S5に触るのは、先のタッチ&トライ以来でしたがやっぱりいいですね。特にGalaxy S5の売りである「ぱずドら」は端末の特徴をよく表していますね。

2014-05-15 19.09.43

その中の1つ、ぱっと撮れるカメラは特にすごくて、感動的ですらあります。

2014-05-15 19.13.48

とにかく0.3秒のオートフォーカスは圧倒的。スマートフォンはおろか、そこらのコンデジ、ミラーレスにも負けないのでは?っと思わせます。気分的には構えた瞬間に合焦している感じです。

最近、猫の写真を撮ることが多いのですが、ちょっと暗いとピントが合うのに時間がかかり、合ったと思ったら猫が動き出すということがしばしばあります。そんなシーンで威力を発揮してくれそうです。

2014-05-15 11.23.24

またGalaxy S5のカメラはリアルタイムHDR表示が可能です。

HDR撮影は明るさの異なる写真を合成しいいとこ取りをすることで、例えば逆光などでも被写体を明るく写すことができる技術です。このため、普通は撮影中は暗いままで撮影してから初めて明るい写真を見ることができるのですが、Galaxy S5ではライブビューでリアルタイムにHDR画像を確認できます。

上記は向かって左がGalaxy S5(HDR On)、右がXperia Z1 fです。細かいところまでは分かりませんが、Xperiaの表示が暗いのはわかると思います。

2014-05-15 20.23.10

なお、Xperia Z1 fもHDRが有効だったので、写真ははこんな感じで写っています。上のライブビューの状態と比べるとずいぶん違いますね。

2014-05-15 11.24.23

やっぱりわかりづらいですが、同じGalaxy S5で左がHDR On、右がOffです。人形の映り具合がずいぶん違うのですが、わかるかな?

ちなみにトップの画像と、HDR比較の2枚の写真はGalaxy S5で撮ったものです。これだけ撮れれば十分だなぁ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなわけで、1ヶ月ほどGalaxy S5(au版のSCL23)とGear 2をモニターとしてお借りすることになりました。

この辺のレビューはまた追々に。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器のセキュリ

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 TopAce Huawei Nova Lite 専用ケー

ウェアラブル翻訳機「ili」を持って台湾に行こう! ログバーがiliのモニターを募集中

話した言葉を瞬時に翻訳してくれる旅行に特化したウェアラブル翻訳機「ili」が、モニターを募集をしています。 関連:話した言葉を瞬時に翻訳!ウェアラブル翻訳機「ili(イリー)」は海外旅行をもっと身近に

あなたの一票でシリーズ化! Amazonがオリジナル作品でシリーズ化してほしいものを選ぶアンケート調査を実施中

Amazonプライムビデオで、日本未公開のAmazonオリジナル作品のパイロット版(第1話)を観て、今後その続きを観たい(シリーズ化してほしい)と思った作品を選ぶというアンケート調査を行っています。

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top