カリカリタイプの猫の餌を人間が食べ比べてみた

2014.5.4
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近猫を飼うようになって、気になっているのが餌をどうするかということ。猫のエサって値段がピンキリなんですよね。高いのと安いのでは値段に4倍位の差があったりします。

そんなわけで、どんな餌がいいのか、カリカリタイプの4種類を食べ比べてみました。人間が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはいちごさんが食べているモンプチドライの子猫用。

子猫用だけあって他のキャットフードよりもつぶが小さめです。味は多少癖があるものの不味いというほどではありません。後味もスッキリしていて意外といけます。

どんな味かと言われると、これまで食べたことがない味としか答えようがないのですが、肉とか野菜とかを煮込んで物凄く濃くしたらこんな味になるんじゃないかなぁという味です。

650g 769円。100g 約118円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つぎにフリスキーの毛玉ケア。

モンプチドライの子猫用よりも匂いが少しきついですが、味は似たような感じです。こちらのほうがちょっと濃いかもという程度。1.1kg 615円。100g 約56円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モンプチの毛玉ケア。

今回試した中では1番食べやすかったです。変な匂いもなく、味も薄味で後味もすっきりしています。他のものには若干の苦味がありましたが、それも感じませんでした。おやつに食べるならこれかな。

今回試した中では1番お高い600g 718円。100g 約120円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後がユニ・チャームのねこ元気 毛玉ケア。

正直、匂いがキツく味も他の物より濃い目です。口に入れた瞬間に、「これは人の食べ物じゃないなぁ」という感情が沸き上がってきます。

1.8kg 1,253円。100g 約70円。

そんなわけで、人間が食べるなら、お高いモンプチですね。味の薄さは添加物の少なさとか、そういうのが関係しているのかもしれません。

しかしながら、うちの猫達に一番人気なのは、人間的には一番不味かったねこ元気。あの匂いとかが猫を惹きつけるのかなぁ。つくしさんにねこ元気をあげると、いちごさんは自分の餌をそっちのけで、横から食べにやってきます。

ただ、味が濃いとか匂いがキツイとかが基準というわけでもなさそうです。今回の4種類を味、匂いがキツイ順に並べると、

ねこ元気 > フリスキー > モンプチ子猫用 > モンプチ

という順番になるのですが、つくしさんの好み的には、

ねこ元気 > モンプチ子猫用 > フリスキー > モンプチ

のようです。とりあえず人間と猫の味覚は違うんだということはよくわかりました。

つぎは猫缶を試してみたいなぁ。ドライタイプよりも美味しそうだ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

レビュー >その他

料理が苦手でも作れそう。少ない手順と材料で作れる副菜が100種類載った「ひとつの野菜で作りおき」

手順が少ないとそれだけでやる気が出ます。使う調味料が少ないのもポイント。

News >モバイル

LG G6もシースルーに。作業自体はGalaxy S8よりも簡単な様子

カラーバリエーションの1つとして出してほしい。

News >モバイル

HUAWEI P10ストレージ問題のその後。対応のためタスクフォースを設立、Mate 9はすべてUFS2.1を採用

必要以上にスペック自慢をしない、というのが自衛策の1つになりそうではあります。

News >モバイル

AppleファンはSheepleなのか? 老舗辞書が登録した例文が話題に

Android使いの人はApple製品持っている人も多そう。その逆は少なそうだけど。

MENU

back to top