Sony、Gamificationを採用したAndroid向けの研究プロジェクト Evolution UIを発表

2014.5.1
Achievement

SonyがEvolution UIというAndroidの新しいUI(ランチャー)についての研究プロジェクトを発表しました。

これが何者かというと、高度化するスマートフォンの機能に対して、「初心者にそんなに機能(選択肢)を提示しても使い切れないだけじゃなく、混乱の素じゃね?」ということで、スマートフォンのUIにGamificationを取り入れてみようという試みです。

Gamificationというのは、Wikipediaによると「課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動全般」のこと。

例えばRPGを考えると、最初はクエストも装備も選択肢が非常に限られています。それがレベルが上がるにつれてやれることや装備の幅も広がっていき、最後には数十〜数百の装備や呪文、クエストなどから自分好みのもの、その場に最適なものを選択できるようになっていきます。

今回のEvolution UIでは、この考え方を採用し、起動直後には出来る事が非常に制限されています。

具体的には、

  • デスクトップパネルは1つだけ
  • 時計ウィジェット、電話、メッセージ、ブラウザ、カメラのショートカットがあるだけ
  • 他の機能、アプリにはアクセスができません(アプリドロワーすら表示されません)

という感じ。

この状態からアプリを5回立ち上げると次の機能が開放される、という感じで徐々にできることが増えていく仕組みです。

アプリを1回起動すると経験値が1ポイント入り、経験値100でレベルアップ。レベルアップすると任意の機能を開放するためのコインがもらえ、それを使って新しい機能を開放するという感じの流れになっているようです。ほんとにゲーム感覚ですね。

確かに今のスマートフォンには一度も触ったことがないアプリ、設定なんかがあるので段階的にやれることが増えていくというのはいいかもしれません。どれだけタイミングよくアンロックされるかにかかっている気もしますが、それは今後の研究次第なのかな?

すでにある程度使いこなしている人にとっては邪魔なだけですが、子供向けのスマートフォンとかにはいいかもしれないですね。

Evolution UIはオープンソースになっており、ソースコードはGitHubからダウンロード可能です。また、インストール可能な状態にビルドされたものも用意されています(アルファ版です)。

(via engadget)
(source Sony)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

au版Galaxy S8の実機画像が流出 日本では3色展開で発売?

昨夜発表されたSamsungの最新フラッグシップGalaxy S8/S8+。日本語サイトも公開され、今回docomo、auから発売されるのはほぼ確定だろうと思います。 そんな中、早速au版Galaxy

綾瀬はるかが「おつかれさま!」と労ってくれる、ジャイアントコーンのVR体験イベントが開催中【PR】

綾瀬はるかさんが出演しているCMでおなじみのグリコのアイス、ジャイアントコーンがVRコンテンツを作成し、その体験を行うということで早速参加してきて来ました。 ジャイアントコーン「おつかれさまです!」V

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Androidの父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top