不思議な金のゆでたまご「黄身返し卵」を作れる調理器具 Gooseが出資募集中

2014.4.25
goose

少し前に、白身と黄身が入れ替わった黄身返し卵をストッキングを使って作るという方法がネットを賑わしていましたが、まさかの専用調理器具がKickstarterに登場しました。

広告

殻をむくと黄色の中身が出てくる様子が金の卵に見えるため、金の卵を産むガチョウということでGooseと名付けられています。

8cdfcf57dfd1480480c8a513d5268db7_large

使い方は至って簡単。真ん中のケースに卵をセットするだけ。

eb1ac3694f3bbc6302bca5de07b1b6f3_large

あとは左右に引っ張ってビュンビュンと回すだけです。こんな玩具がありましたよね。

e53d723471a6eaa15c9bde729ff3a23f_large

ただ、出来上がりは白身と黄身が入れ替わった「黄身返し」ではなく、完全に混ざったスクランブルエッグとも言える状態になるようです。加減次第では綺麗に分けられるのかもしれないけど。

出資募集は5月15日まで。いまのところ$24のプランが一番安くなっています。日本への発送には別途$8が必要です。上手くいけば出荷は10月の予定です。

(via roomie)
(source Kickstarter)

タグ: ,

back to top