Samsung Gear Fitを他社端末(Xperia Z1 f)で使用する場合に出来ること、できないこと

2014.4.12
Gear Fit

Galaxy S5と同時に一斉発売されたGear Fit、気になっている人も多いと思います。

しかしながら、Samsungのスマートウォッチは原則としてGalaxy専用であり、他社スマートフォンでは利用することができません。

現在、公式に対応しているのは次の17機種です。

Samsung Galaxy S5 / Galaxy Grand 2 / Galaxy Note 3 / Galaxy Note 3 Neo / Galaxy Note 2 / Galaxy S4 / Galaxy S3 / Galaxy S4 Zoom / Galaxy S4 Active / Galaxy S4 mini /
Galaxy Mega 6.3 / Galaxy Mega 5.8 / Galaxy Note 10.1 (2014 Edition) / Galaxy NotePRO (12.2) / Galaxy TabPRO (12.2/10.1/8.4)

これ以外の機種、特にSamsungデバイス以外では使えないのかというと、実はそんなこともなく、100%ではありませんが、ある程度割り切れば使用することはできます。

そんなわけで、Xperia Z1 f(SO-02F)で使用した場合にどの程度使えるのか、というのを纏めてみました。これ以外の機種でも似たようなものだと思います。

なお、Gear Fitを使用開始するのは、かならずGear Fit Managerという管理アプリをインストールした端末とペアリングを行う必要があります。でないと時計表示すらできません。

このアプリはSamsung Appからダウンロード可能ですが、対応端末が無ければXDAからもダウンロードが可能です。

Gear Fit単体での利用

まずGear Fitを単体で利用する場合です。

単体機能 対応 備考
タイマー
ストップウォッチ
睡眠記録 履歴は1週間分確認可能
歩数計 履歴は1週間分確認可能
エクササイズ 履歴は1週間分確認可能
心拍数 履歴は1週間分確認可能

基本的にすべての機能が利用可能です。時計表示の設定や壁紙変更(プリセットのもののみ)も単体で行えます。

gearfit

ただし、歩数や運動の記録などをどことも連携できないため、確認可能なのは1週間分のみとなります。

スマートフォンと連携して使う場合

次にスマートフォンと連携して使う場合です。

連携機能 対応 備考
通知
 着信
 アラーム ×
 スケジュール ×
 不在着信
 Eメール SMSのみ可
 天気予報 ×
 一般通知 × Gmail等の3rdパーティアプリの通知
フィットネス記録 × S-Healthもしくはフィットネス with Gear
メディアコントローラ
端末リモート追跡

こちらはかなり制限をうけます。というかぶっちゃけほぼ連携はとれません。

fitness

まず運動記録の連携ですが、スマートフォン側にはS-Health(Galaxy S5のみ)あるいはフィットネス with Gearというアプリが必要です。フィットネス with GearはSamsung Appからダウンロード可能ですが、これを入れるだけでは連携が行えませんでした、おそらく、なんらかのバックグラウンドサービスが必要なんだと思います。

ちなみに対応端末であるGalaxy S4 Activeではこれをインストールすると連携が可能になります。S4 Activeには標準でS Healthがインストールされていますが、これでは連携できませんでした。

運動の記録はスマートフォン経由でSamsungのクラウドサーバに記録されます。なので連携さえしておけば過去の記録も参照可能なようです。

gearfit2

通知機能についても着信、SMSという基本的な部分以外は使えません。アラームや天気予報はアイコンすら表示されません。これもSamsung端末にプリインストールされているものだけが利用可能(Smasung端末でのみ利用可能)なようです。上図右下の一般通知という部分が3rdパーティアプリの通知になるのですが、ここで選んでも通知は一切出ませんでした。

結論:時計+記録を残さないアクティビティトラッカーとしてなら十分使えます

そんなわけで、スマートフォンと連携してのデータの記録は出来ませんが、記録はその場限りの参考として割り切るなら十分に使えます。着信もSMSも確認できるし、メディアコントロールも可能です。

フル機能を使いたいという思いはありますが、いまのところは手がないですね。Smasungが方針転換して他社スマートフォンでも利用できるようにしてくれるのを待つか、XDA辺りに期待するしかありませんね。

思い切ってGalaxy S5を買ってしまうというのが手っ取り早い解決策だとは思いますけど。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top