docomoが新料金プラン「カケホーダイ & パケあえる」を発表 6月1日から提供開始

2014.4.10
新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」___料金・割引___NTTドコモ

docomoが噂されていた新しい定額料金プランの発表を行いました。

大きな変更点は通話が定額になったこととデータ通信の容量を複数回線でシェアできるようになった点です。

docomo1

まず基本プランですが、通話のありなし、スマートフォン、ガラケーの区別により6種類。デバイスプラスの2つは単独契約はできないので、実質は4種類ですね。

いつものごちゃごちゃしたプランよりもだいぶ分かりやすくなった気がします。

docomo2

基本プランにセットするパケットパックが7種類。個人で使う分には5GB、10GBのプランがメインになるでしょうか。2回線目からの契約では500円でパケットパックの容量がシェア出来るようになります。

このままだと実際にいくらになるのかわかりにくいので、「スマートフォン(音声回線)+タブレット」というありがちな構成でトータル費用を計算してみました。

カケホーダイプラン
+データMパック
データプラン
基本使用料 2,700 1,700
通話 0
パケット 5,000 500
ISP 300 500
小計 8,000 2,700

パケットが5GBのプランだと、トータルで10,700円。データプラン側のISPはmopera U前提で500円としています。

5GBなら既存の「タイプXiにねん+Xiパケホーダイライト」+「Xiデータプランフラットにねん」という組み合わせよりも安くなりますね。

ただ、この「タイプXiにねん+Xiパケホーダイライト」+「Xiデータプランフラットにねん」という組み合わせだとデータ通信はトータルで10GB(3GB+7GB)なので、10GBプランで計算すると下記。

カケホーダイプラン
+シェアパック10
データプラン
基本使用料 2,700 1,700
通話 0
パケット 9,500 500
ISP 300 500
小計 12,500 2,700

トータル15,200円。これだと既存回線よりも割高です。計算してみると、4回線以上あれば、新料金プランのほうが割安になります。

ちなみに私の現在の回線契約は3回線。

タイプXiにねん
+Xiパケホーダイライト
Xiデータプランフラットにねん タイプXi にねん
+Xiパケ・ホーダイ ダブル
基本使用料 743 743
通話 300 0
パケット 4,700 5,700 2,000
ISP 300 500 300
小計 6,043 6,200 3,043

トータルで15,286円。実際には月々サポートやプラスXi割などがあるので支払額は6,972円です(ユニバーサルサービス料など細かいものは除外しています)。

月々サポートなどが引き継がれるのなら別だけど、直ぐに乗り換える必要はないかなぁ。

なお、新プランの提供開始は6月1日ですが、Xiの既存プラン、既存プランに関連する割引サービスはは8月末で新規受付を終了するそうです。

(source docomo)

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

子供がいるなら暗証番号方式のスマートロックがおススメ! クラウド管理もできる「RemoteLock」を導入【AD】

うちの小学生の長男と長女は、帰宅時間に私が家にいなかったりすることもあるのでカギを持たせてはいるのですが、そのカギは基本ランドセルにつけっぱなしです。なので、休みの日などに遊びに出かけしまうと、カギを

Googleマップで自分の場所をリアルタイムに共有できるように

Googleマップに自分のいる場所をシェアできる機能が追加されます。 これまでは自分の居場所を他の人に知らせるときには、近くのお店の住所なり座標なりをメールなどで共有するという方法がありましたが、これ

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

Android O Developer Preview 1をNexus 5Xに焼いてみた 今のところ違いはよくわからない

公開されたAndroid Oの開発者プレビュー1を早速Nexus 5Xに入れてみました。正直なところ、新機能についてはまだ実感できないというか、対応しているアプリがないので試せてはいないのですが、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

MENU

back to top