2013年のChromebookの出荷台数は210万台 2019年には1,100万台に達するという予想

2014.4.3
hp-chromebook-11

2013年に出荷されたChromebookは210万台でそのうち89%が北米向けだった、という調査結果をDigitimesが伝えています。

調査を行ったのはABIリサーチ。Chromebookの出荷は世界的に広がっていき、2019年には1,100万台になると予想しています。

ABIリサーチは6つの地域で調査を行い、Chromebookの平均販売価格は$338(約35000円)であったとも報告しています。

Chromebookだけでなく、Windows 8や汎用性の高い2in1構成の端末を含むウルトラモバイル市場は2013年Q4のホリデーシーズンでわずかに上向いたものの平均販売価格は前年同期比で7.4%減少しているとのことです。

ABIリサーチは、ウルトラモバイル市場の平均販売価格は、モバイルデバイスなどとの価格競争のために2019年まで減少が続くだろうという予想をしています。

とりあえず、Chromebookなどウルトラモバイルの市場は拡大するけど、価格は下落傾向にあるということですね。利幅の薄い市場で各社がしのぎを削りあうことになりそうです。

ところで、東芝が日本でChromebookを出すという話はどうなったんですかね?

東芝が4月にもChromebookを国内販売開始 | Dream Seed

(source Digitimes)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Galaxy Studio横浜 7月1日~12日開催、夢をかなえる七夕特別企画も実施

7月3日まで原宿で開催中のGalaxy Studio(ギャラクシースタジオ)ですが、7月1日からは横浜でも開催されます。期間は7月1日(土)~7月12日(水)まで。 横浜のGalaxy Studioはキャラバンカーを用い ...

GearBestでGPD Pocketの予約を受け付け中 クーポン適用で55,210円

indiegogoより先に出荷されると炎上しそうな雰囲気が・・・

スタートアップ商品が当たる、プライム・ビデオキャンペーン実施中

普段からプライムビデオを観ている人は自動応募している感じ。

MENU

back to top