ブログを分析してわかった小銭のイメージが面白い

2014.4.2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

消費税が8%になり、小銭の使用機会が増えてきた気がしますね。私の小銭入れもいつの間にか1円玉が増殖しています。でも不思議と5円玉は増えていません。

昨年末には4年ぶりに1円玉を増産するというニュースもありましたね。

【関連報道】
一円玉、4年ぶりに製造再開 年度末までに2600万枚 (共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122401002232.html

そんな小銭達ですが、電通が小銭(1円玉、5円玉、10円玉)に関するイメージがなんとなくわかるデータを発表しています。

_prw_OI8fl_Yb6lO208

ブログを対象に1円玉、5円玉、10円玉という単語を検索し、それの周辺にどんな言葉が現れているかを集計したものですが、こうやって見てみると、見事にイメージが偏っていますね。

まず10円玉ですが、電話だったりおつりだったりと実用的なイメージを伺わせます。1位は「綺麗」だけどね。4位の「問題」っていうのは、「10円玉が何枚あります。これを何回動かして〜」というやつでしょう。たしかにほかの硬貨ではあまりやりませんね。

1円玉は完全に増税イメージです。5位の「落札」はオークション系ですね。2位の「サイズ」は1円玉の直径が20mmとキリがいいので、よくサイズ比較に使われるためでしょう。ちなみに5円玉の直径は22mm、10円玉は23.5mmです。ところで1円玉の製造コストは約2円だとか。世の中わからんね。

最後に5円玉ですが、これだけ妙に縁起物的な扱いです。やっぱり「ご縁(5円)」とかけているのでしょう。そういえば、神社の豆まきなんかでは、豆の袋に一緒に5円玉が入っていたりしますね。神社的にも5円玉は縁起物なんでしょうか。

Wikipediaによると5円玉の意匠は

稲穂、水(水面、稲穂の根元の複数の水平線)、歯車(穴の周り)はそれぞれ、農業、水産業、工業を表している。また、硬貨の裏面の双葉は民主主義に向かって伸びて行く日本を表している。

ということなので、意味合い的にも縁起が良さそうな感じです。

なかなか面白い結果なので、ほかの硬貨についても調べて欲しいなぁ。

ところで、現在発行されている硬貨には法律上の表裏の区別はないそうですよ。造幣局では便宜上、日本国と書かれている方が表、金額や年号が入っているほうを裏と呼んでいるそうです。なんか逆のイメージですね。

(souurce インフルエンサーワイヤー(iWire))
※この記事はインフルエンサーワイヤーの情報を元にしています。
iwire

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

任天堂のスマートフォンゲーム「ファイアーエムブレム ヒーローズ」発表 iOS/Androidとも2月2日に配信開始

任天堂のスマートフォン向けアプリ第3弾として、「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が発表されました。 配信予定は2月2日となっています。 既存のファイアーエムブレムシリーズの移植ではなく、スマートフォ

GPD WINでのRemote Play PCのコントローラー設定方法

先日紹介した、GPD WINでPS4のリモートプレイをするための「Remote Play PC」ですが、コントローラの設定方法がかなりわかりにくい(少なくとも私はかなり悩んだ)ので、紹介しておきたいと

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始 –

広角をより広角に、望遠をより望遠にするiPhone 7 Plusのデュアルカメラ用レンズキットが販売中

香港のMatenro-HKでiPhone 7 Plusのデュアルカメラに装着するレンズキットが販売されています。 この手の外付けレンズは通常のスマートフォン用では普通に見かけますが、デュアルレンズ用は

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始

Amazonがスタートアップの製品のみを掲載する「Amazon Launchpad」を日本でもスタートさせました。 Amazon Launchpadはスタートアップ企業が手掛ける製品のみを扱う特...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobile、Android One第2弾となるS1、S2を発表

Y!mobileが国内のAndroid One第2弾となるAndroid One S1、S2を発表しました。 国内Android Oneの第2弾 Android Oneは、NexusやPixe...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

MENU

back to top