moto 360はOLEDにサファイアガラス、ワイヤレス充電を採用という噂

2014.3.22
moto 360

motorolaが発表したAndroid Wearデバイス、moto 360は非常にスタイリッシュなデザインのスマートウォッチで多くの人の関心を集めていますが、その仕様についてはほとんど明かされていません。

そんなmoto 360ですが、Weiboで仕様の一部がリークしています。リーク元は猴大宝。これまでもmotorolaデバイスのリーク情報を多く提供している人物です。最近ではmoto X、moto Gのリーク情報を流していました。

その情報によると、moto 360はOLEDディスプレイでサファイアガラスを採用。充電はワイヤレスになるとのこと。

Moto_360_by_Motorola_-_A_Google_Company-7

低消費電力という面からもOLEDを採用するのは利にかなった選択ですね。またサファイアガラスについても、もともと腕時計ではサファイアガラスが採用されているケースが多いので追加コストをかけずに調達できのではないかと思います。

ところで、moto 360のディスプレイは完全な円形だと思っていたのですが、よくみるとどの写真も下部が削れていますね。組み込みの都合上、この部分はディスプレイにすることが出来なかったのでしょうか?

Moto_360_by_Motorola_-_A_Google_Company-8

ワイヤレス充電については目新しい情報ではないですね。発表直後から言われていることですが、公開されているデザインのどこにも充電ポートが見当たらないため、ワイヤレス充電を採用していると考えられます。

本体の背面も金属ではないようなので、ますますワイヤレス充電が濃厚です。

ただ、先日行われたハングアウトでは、「秘密の方法」で充電を行うと言っています。ただのワイヤレス充電だとするとそんな言い方をするかなぁというのが引っかかるところです。

moto 360はAndroid 4.3以上のデバイスで利用可能 充電はワイヤレス? | Dream Seed

iPhone 6ではサファイアガラスにソーラーフィルムを組み込んで太陽光充電を可能にするという噂がありますが、ひょっとすると同じように太陽光充電を……というのが期待しすぎでしょうか。

(via ars technica)
(source Weibo)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top